CATEGORY

ヒプノシスマイク

  • 2020年12月27日

碧棺合歓は洗脳されている?声優やラップスキルについても調査

先日ついにアニメも最終回を迎えたヒプノシスマイクですが、最終話にちらっと映った碧棺合歓(あおひつぎねむ)が気になっている人も多いのではないでしょうか。 今回は碧棺合歓の洗脳について声優やラップスキルを含めて調査しました。 碧棺合歓とは まずは碧棺ねむについての基本的な情報から見ていきましょう。 碧棺 […]

  • 2020年12月27日

勘解由小路無花果の声優や過去は?ラップスキルについても徹底解説

先日アニメも最終回を迎えたヒプノシスマイク。 特に勘解由小路無花果の非道な行いは話題になっていましたね。 今回はそんな勘解由小路無花果の声優や過去、ラップスキルについて調べました。 勘解由小路無花果とは まずは勘解由小路地軸の基本的な情報から見ていきましょう。 勘解由小路無花果の身長や誕生日 引用元 […]

  • 2020年12月27日

毒島メイソン理鶯は裏切る?死亡説や中王区堕ちの可能性について検証

現在テレビアニメ放送中のヒプノシスマイク。 中でも毒島メイソン理鶯は天然さや見た目に似つかわしくない無邪気な言動から「かわいい」「幼女みたい」と視聴者の中ではマスコットのような存在として扱われていますね。 今回はそんな毒島メイソン理鶯の死亡説・中央区堕ちの可能性について検証していきましょう。 毒島メ […]

  • 2020年12月24日

夢野幻太郎の過去は?中王区との因縁や飴村乱数との関係についても調査

アニメも最終回を控え大盛り上がりのヒプノシスマイク。 今回はアニメでも大活躍の夢野幻太郎に焦点を当てて、夢野幻太郎の過去や中王区との関係、さらにそこから見る飴村乱数や有栖川帝統との関係について調べていきたいと思います。 夢野幻太郎とは まずは夢野幻太郎の基本的な情報から見ていきましょう。 夢野幻太郎 […]

  • 2021年5月4日

ヒプマイの優勝の決め方は?第一回と第二回のラップバトルの結果

現在アニメ放送中で盛り上がりを見せるヒプノシスマイクは、コンテンツの主軸となるのはやはり各チーム同士のラップバトルで、アニメやライブもこのラップバトルを中心に見せ場をつくっています。 今回はそんなラップバトルについて、優勝の決め方や第一回ラップバトルの結果、第二回のラップバトルの情報を調査しました。 […]

  • 2020年12月23日

人気投票で判明!ヒプノシスマイクの男性に人気のキャラTOP3

アニメ化や6thライブの開催が決定し、現在大盛り上がりのヒプノシスマイクですが、女性向けコンテンツにもかかわらず男性にも人気があるようです。 今回は男性に人気のキャラクターについてその理由も含めて見ていきましょう。 男性にも人気があるヒプノシスマイクについて まずはヒプノシスマイクの基本的な情報から […]

  • 2020年12月23日

ヒプマイのFlingPosseって一体何者?チーム名や3人のキャラを徹底考察

シブヤディビジョンを代表するFlingPosseは作中では3人が楽しそうな掛け合いをする姿が多く描かれ、3人とも自由に過ごす姿が印象的。 そんな3人ですが、1人1人を追っていくと多くの謎があり、そのためFlingPosseだけでも数多くの説や疑惑がファンの中で囁かれています。 今回は、 3人はなぜチ […]

  • 2020年12月18日

伊弉冉一二三の過去や声優は?観音坂独歩と夢野幻太郎との関係も調査

現在アニメ放送中で盛り上がっているヒプノシスマイク。先日の放送ではついに麻天狼が優勝し、伊弉冉一二三の活躍も話題となりました。 今回はそんな伊弉冉一二三の過去や観音坂独歩と夢野幻太郎との関係を調べてみました。 伊弉冉一二三について 引用元:ヒプノシスマイク まず初めに伊弉冉一二三の基本的な情報から見 […]

  • 2021年5月4日

碧棺左馬刻の過去や声優は?や山田一郎や碧棺ねむとの確執を調査

現在アニメ放送中で大盛り上がりのヒプノシスマイク。 中でも碧棺左馬刻の殺意の高いラップはかっこいいと話題ですね。 今回はそんな碧棺左馬刻の過去や、山田一郎と碧棺ねむとの確執について調べてみました。 碧棺左馬刻のプロフィール 引用元:ヒプノシスマイク まずは碧棺左馬刻の基本的なプロフィールから見ていき […]

  • 2020年12月17日

山田三郎の声優は?裏切るって本当?いじめや中王区堕ち説を検証

現在アニメ放送中で注目が集まるヒプノシスマイク。 アニメでは山田一郎率いるイケブクロディビジョン代表「Bastar Bross!!」が主人公核となって物語を動かしており、中でも末っ子の山田三郎は最年少キャラクターとして「かわいい!」とネット上で話題になっています。 特に14歳という声変りを迎える前の […]