ゆきあつへの想いを泣きながら語るつるこ

あの花に登場するツンマスターつるこのプロフィールとヘアピンの真実

印象的なアニメは数多くありますが、特に「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」(通称「あの花」)が思い浮かんでくるのではないでしょうか?

その中でもツンデレ、と言っても主にツンツンしているのですが、の鶴見知利子(通称つるこ)にスポットを当てて、つるこの全てについて触れていきたいと思います。

つるこのプロフィール

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない「鶴見 知利子」(つるこ)

引用元:あの花

本名 鶴見 知利子
あだ名 つるこ
年齢 16歳 (※1)
誕生日 5月29日(※2)
身長 170cm
体重 ??(※3)
趣味 読書、スケッチ

黒髪ロングのメガネっ娘...素晴らしいの一言ですね)。体系も体重(※3)は明かされてないもののモデル体型であり、その上、学年4位という頭の良さで、同じ学年の幼馴染「松雪集(まつゆきあつむ)」と競い合い、そして片思いをしています。

そんなつるこは幼少期は眼鏡もしておらず、髪もショートカットでした。第10話では髪をショートカットに戻す場面もあり、趣味は、読書。

飯能の進学校に通っており学年成績は4位でどこからどう見ても才女なのですが、全ては大好きなゆきあつに肩を並べるために日ごろから必死に努力をしているけなげな女の子です。

つるこの幼少期と現在の違い

つるこの幼少期と現在の見た目の違い

引用元:あの花

子供の頃のつるこはおとなしく可愛らしい感じですが、高校生となった現在は長髪の清楚なお姉さん系になっています。あなるとは真逆の存在ですね。

ただ、子供の頃からゆきあつが大好きでそれは高校生になった現在でも変わりません。

あの花のつるこ役の声優

 あの花 つるこ 声優 早見沙織

引用元:ダ・ヴィンチニュース

代表的な出演作 東のエデン(森美咲)、そらのおとしもの(イカロス)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない(新垣あやめ)

ワンパンマン(地獄のフブキ)      等々 有名作多数

アニメ版「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」での鶴見 知利子の声優は「早見沙織」さんです。

やっぱり実力がある声優さんだけあって有名作のメインキャラクターを務めることが多く、私が早見沙織さんを知るきっかけはSAO(ソードアートオンライン)のサチをやったときですが、今でも遜色のない素晴らしい演技をする声優さんですね。

他の超平和バスターズの男子は幼少期は声優さんが違うのですが、

  • めんま
  • あなる
  • つるこ

この女子3人は幼少期から現在まで同じ声優さんが務めています。

実写版あの花つるこ役は誰?

あの花は2015年に実写化を果たしています。

あの花のテレビドラマは2015年9月21日に1話だけという構成で放送され、題名は同じながらプロジェクトとしてANOHANAから独立したものでした。

そんなあの花のテレビドラマでのつるこ役は飯豊まりえさんです。

あの花 つるこ実写 飯豊

引用元:ウォーカ+

軽く飯豊さんのプロフィールに触れていきましょう。

飯豊まりえさんは1998年、千葉の生まれでエイベックスで女優業などをしている方で、獣雷戦隊キョウリュウジャーなどに出演しているので小さい子供で見たことある人はおおいかもしれないですね。

女優以外はモデルをやっていたりして東京ガールズコレクションなんかにも出演。

あの花での評価といえば最高すぎるぐらいで、もはや主役が飯豊まりえみたいな声もあり頭一つ抜けた演技が光り、飯豊さんの代表作になる作品になりました。

実写版のつるこの子役

実写版あの花
引用元:https://www.cinematoday.jp/news/N0075777

実写版あの花のつるこ役を務めたのは「市原伽恋(いちはら・かれん)」さん。

実写版つるこの子役
引用元:https://www.oricon.co.jp/prof/676948/

アニメも実写も子供の頃のつるこは可愛いのですが、後にツンデレを通り越してツンだらけになってしまうと考えると、女性の変化って凄いですね。

つることさんまの意外なエピソード!?

あの花でアニメ、実写とも人気だったつるこですがなんとあの明石家さんまさんとの意外なエピソードがありました。

2014年の27時間テレビにさんまさんが出演された際、つるこを理想の女性として話題を持ち出し、「だから、ちゃんと一回ごめんなさいして、みんなで一緒にやり直そう」というセリフを持ち出し熱弁したほどです。

つるこの声優の早見さんはこのために特別にセリフを撮り下ろしたりして、さんまさんを興奮させていました。

つるこが最後に結ばれた相手

幼少期の超平和バスターズのメンバー

引用元:あの花

幼少期からずっとゆきあつが好きだったつるこですが、ゆきあつが好きなのはめんまです。

それはめんまが死んでからもずっと変わらす、そのため当初はつるこが憧れて嫉妬している相手はめんまだと思われていましたが、つるこが憧れていた相手はあなるでした。

ゆきあつへの想いを泣きながら語るつるこ

引用元:あの花

めんまがいてもいなくても、ゆきあつの理解者として常にそばにいたあなるにつるこはずっと嫉妬をしていたのですが、めんまの成仏と共につるこの本当の気持ちを知ったゆきあつは徐々につるこに対して接近していきます。

電車内でつるこにポッキーを渡そうとするゆきあつ
引用元:あの花

そしてアニメエンディングのクレジットでポッキーを渡そうとするつきあつに対し、それを断るつるこ

つるこらしい返し方ですが、その直後に笑みを浮かべている描写があるので2人の関係は今後少しずつ発展していきそうです。

ゆきあつが捨てたヘアピンを拾って、ついでに本人もゲットしたつるこ

めんまに告白するゆきあつ
引用元:あの花

幼少期にじんたんがめんまのこと好きなんじゃ?というシーンで、ゆきあつはめんまに告白をしていました。その際にめんまに渡そうとしたヘアピンがあるのですが、めんまはいなくなったじんたんを優先して、結果としてゆきあつはフラれる形に。

ゆきあつが捨てたヘアピンを大事にしまうつるこ
引用元:あの花

その時にペアピンを草むらに投げ捨てるのですが、どういうわけかこの時のヘアピンをつるこが回収していて、その後自分でつけてみるなど、ゆきあつへの強い執念というべき愛が感じられます。

ゆきあつが捨てたはずのヘアピンを付けるつるこ
引用元:あの花

あの花エンディングでもこのヘアピンを付けているので、ヘアピンを回収したけど、ついでにゆきあつの気持ちも回収してハッピーエンドとなったつるこさんでした。

まとめ

あの花ではあまり目立たないつるこですが、自分は常にめんまとあなるの次の3番手だと理解しながらも、ゆきあつへの想いは誰よりも強く、なのに最後の最後までツンを貫く意志の強い女の子でした。

  • じんたんとあなる
  • ゆきあつとつるこ
  • ぽっぽは??

何だかんだあってハッピーエンドになったあの花最高です。