「ギヴン」歌う真冬

ここでは、2019年7月から9月にかけて放送された、アニメ「ギヴン」のあらすじや感想をまとめていきます。

さて、圧巻のセッションを見せてくれた1話目に引き続き、今回は第2話についてです。

ギヴン 第2話 あらすじ&メインキャスト

「ギヴン」タイトル画像© キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

まずはザックリとしたあらすじとメインキャストを紹介します。

あらすじ

真冬の熱意に折れ、とうとうギターを教えることになった立夏。

バンド仲間のいるスタジオにも連れて行き、道具の説明などをしていると、とある問題が浮上……。

そしてさらに、真冬の隠れた才能が明らかになる。

メインキャスト

  • 佐藤真冬 (CV 矢野奨吾)
  • 上ノ山立夏 (CV 内田雄馬)
  • 中山春樹 (CV 中澤まさとも)
  • 梶秋彦 (CV 江口拓也)

ギヴン第2話「Like Someone In Love」感想&考察

ギター練習風景© キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

なんとかギターを教えてもらうことになった真冬はしかし、ギターについてなんにも知らなかったようで……

音がずれていることに気づいた立夏は、ちゃんとチューニングしたのかと尋ねます。

真冬「うん昨日」

立夏もガックリ項垂れてます……。

ギターを弾かない筆者もさすがに知ってますよ!昨日チューニングしたとしても、ケースに入れたらもう一度ペグを直す必要がありますよね。

ギターに関しては本当に何もわからないところを見ると、真冬は今までギターに興味をもったことすらないのかもしれません。

どうしてそこまでしてギターを弾きたいと思うのでしょう?

スタジオにてギター練習© キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

スタジオにて。

真冬は、実際にアンプに繋いでギターのコードを鳴らしてみます。

音が響くのが楽しいのか、ギターを鳴らしまくる真冬可愛すぎる……まるで新しいオモチャを手に入れたワンコです……。

バイトを決めろと迫る3人© キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

しかーし。本気で音楽をしたいなら、とある必要なものを用意しなければいけないそうで……。そのとあるものとはずばり、

「お金」です。

これは本当に切実な問題ですよね。スタジオのレンタル代、道具代、楽器のメンテナンス代などなど……音楽をやるにはたくさんのお金がかかりますから。

3人は真冬を取り囲み、雑誌を広げ、この中からバイトを選べと迫ります。

真冬怯えてる、怯えてるよお兄さんたち……。

そんなこんなで選んだのは、ライブハウスでのバイト。無料でライブを聴けるというメリットがあり、音楽についてもいろいろ学べそうですね!

帰り道の真冬と立夏© キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

スタジオからの帰り道、立夏は気になっていたことを尋ねます。

立夏「ギター弾きたいってどれくらい弾けるようになりたいわけ?」

そう、それは筆者も気になってました。1曲弾けるようになれれば満足なのか、それとも実際にライブデビューとかもしてみたいのか、それによって今後の予定も変わってきますからね。

しかしそれに対して、

真冬「分かんないけど楽しかったよ」

と一言。やっぱり真冬はこれからのことをあんまり考えてないみたいです。

ここまでで、真冬は音楽が好きだからとか、何か曲を弾いてみたいとか、そういう理由でギターを始めたわけではないということが、何となくわかってきました。

真冬の、死んだ大切な誰かがギターをやっていたことから、自分もギターを弾いて、その彼にまつわる何かを必死に知ろうとしているような気がします。

教室にて立夏を見つめるクラスメイトたち© キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

翌日────

立夏は、ギターの練習のため教室に迎えに来た真冬と合流します。

接点のなかった真冬と立夏が、突然仲良くなった様子を見て不思議がるクラスメイトたち。この真ん中にいる女の子は、その様子を意味深に見つめています。

もしかしてこの子は立夏のことが好きで、最近立夏を独占する真冬に軽く嫉妬してる……とか?

ギター練習風景© キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

真冬は音楽初心者にしては飲み込みの早い方で、どんどん立夏の技術を吸収していきます。

立夏「お前好きな音楽とかは?好きな曲とか一つくらいあるだろ」

真冬「………分かんない」

分かんないんかーい!まあ、真冬らしいですけど……。

真冬「好きかどうかは分からないんだけどよく脳内で流れるやつはあるよ」

???

歌う真冬© キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

真冬「ララーララ♪ララーラーラ♪ララーララ♪ララーラーラ♪」

!!?

歌ってる……!?真冬が歌ってる……!!?しかも上手い!!!

いつも最低限しか口を開かない真冬にこんな特技があったなんて!!度肝が抜かれました!!!

向き合う真冬と立夏© キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

その歌声に胸を打たれた立夏は、

立夏「お前さ!うちのバンドに入らない?」

そうだ!バンドのボーカルとしてこんな逸材は滅多にいません!

これは次回が待ちきれない!!

まとめ

ギヴン第2話タイトル© キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

  • 真冬は立夏からギターを教えてもらえることになり、音楽を続けるためにバイトの見当をつける
  • 真冬はギターについては全くの素人だったが、飲み込みは早いので上達するのは時間の問題
  • そんな真冬の特技は歌うことで、その歌声を聴いた立夏は真冬をバンドに誘う

前回のセッションに続いて今回は真冬の歌声が聴けるなんて!!あの透明感と強さを併せ持つ独特の歌声を、今度はあのバンドメンバーの演奏と一緒に聴けるかもしれない……これは期待大です!!

>次回、ギヴン第3話「Somebody Else」

第1話の記事はこちら↓

ギヴン第1話「Boys in the Band」

data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">
data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">
おすすめの記事