不安そうに考え込む女性

辛い失恋をして落ち込んでいる友達がいたら、いつも身近にいる友達だからこそ、なんとか励ましたいと思うものです。

友人としてしっかり励ますことができれば、辛い失恋もいつかは傷が癒え、次の恋愛に進んでいけるようになるものですので、この記事では失恋した友達を励ます方法を紹介していきましょう。

失恋した友達を励ます方法

不安そうに考え込む女性

友達が失恋して落ち込んでいると、見ているこっちまで辛い気持ちになってしまうため、なんとか励ましたいものですが、どのような励まし方をすれば良いのかわからなくなってしまうものです。

必ずしもこの励まし方をすれば友達が元気になると決まったものがあるわけではありませんが、友達の性格や今の状態を考え、一番励ますことができそうなものを選び実践してみましょう。

1.とにかく遊びに連れ出す

辛い失恋をして苦しむ友達は、とにかく今苦しい思いをしているため、気持ちをとにかく解消させるために、遊びに連れ出すというのも一つの手段です。

本人は辛すぎてそんなことは考えられないと思うかもしれませんが、一緒に遊んでいる間は気が紛れて忘れていたり、気持ちが和らいでいきます。

本人がどうしてもそんな気分でない、と否定する場合は避けたほうが良いこともありますが、迷っているときは外に連れだして、以下のような場所に遊びに行きましょう。

  • 食事に行く
  • カラオケに行く
  • レジャースポットに行く
  • 旅行に行く

ランチをしたり、スイーツを食べに行ったりして、親友の愚痴を聞けばそれだけで少しはすっきりできますし、旅行であれば日帰り国内海外でも、現実から離れることができ気分転換をすることができます。

友達が失恋したことばかりを考えないように、思考を別の方向に向けさせるということが大切ですので実践してみてください。

2.話を聞いてあげる

辛い失恋をしたときには、今までの経緯を話したいという人もいますので、もしも友達が話を聞いてほしいタイプでしたら、とにかく失恋した経緯や今の気持ちを聞いてあげましょう。

話すことで思い出してしまい悲しくなってしまうこともありますが、頭の中が整理されてスッキリし、前向きになれることも多いものです。

話を聞くときのコツとして、とにかく今は傷ついているため、友達を否定せず、じっくり吸収するように話を聞き続けることが大切です。

3.頻繁に連絡をする

スマホを見つめる女性

彼氏と別れたとき、生活の中に起きる大きな変化として挙げられるのが、連絡がなくなるということです。

連絡の頻度はそのカップルでそれぞれですが、特に連絡が多かったカップルは連絡がないことでとても寂しい思いをするものですので、その寂しさを紛らわすために、あなたが友達として連絡をしてあげるということが大切になってくるのです。

自宅で一人でいるときは落ち込みやすいですので、そんな落ち込みを少しでも緩和してあげるため親友に連絡をしてあげましょう。

話の内容はとりとめのないもので良いですが、友達が自ら進んでしない限りは失恋の話はしないほうが傷を癒しやすくなるため、そこだけは注意しておいてください。

4.紹介する

失恋したばかりだと、まだ新しい恋愛なんて早いと思う人が多いものですが、やはり一番失恋の傷を癒してくれるのは、新しい彼氏を作ることです。

女友達の気持ちがほぐれて恋愛に進むまでに時間がかかるかもしれないし、それは恋愛として実らないかもしれないですが、その存在は女友達にとって心の支えになることがあります。

紹介する人には正直に失恋したばかりということを伝えておくと、急いで恋愛することをやめてくれるかもしれません。

このようにすれば、親友のペースに合わせた、良い恋愛を手助けすることができるようになります。

まとめ

辛い失恋をして友達を励ますには、まず女友達としてできることをして、反応を見ていき、それでもダメなようなら新しい彼氏となる存在を紹介するという方法も選択肢となっていきます。

友達として励ましたい気持ちは必ず伝わるものですので、新しい恋ができなくても、あなたという親友に彼女の心は救われるものです。

おすすめの記事