指でバツマークをする女性

職場の同僚や先輩、友達の中に必ず一人はいる、ありがた迷惑な人。

そんな人のありがた迷惑な行動を目の当たりにすると、断り方が思いつかず、正直、困ってしまうことがありますよね。

この記事ではありがた迷惑な上司や先輩への、上手い対処法について紹介していきます。

ありがた迷惑な人への対処の仕方

指でバツマークをする女性

ありがた迷惑な人は好意で行動しています。

そのため失礼な断り方や対処をしてしまうと、機嫌を損ねてしまうことがあるものです。

後輩であればまだしも、それが上司であれば今後の関係にも関わってくるので、そのようなことにならないためにも、これから紹介するありがた迷惑な人への対処の仕方を参考にしてみましょう。

1.感謝と拒否

ありがた迷惑な人というのは、人の都合などお構いなしで、お節介を焼いてくるものです。

そして一番、厄介なのは、それが親切心から起こっている行動ということでしょう。

悪気がないのは分かりますし、むしろ自分の役に立ちたいから行動してくれているのですが、だからこそ断りきれなくなってしまいます。

しかし、毎回ありがた迷惑に応えていると、ありがた迷惑がエスカレートすることもあるため、そうなれば、自分の身を苦しめることになってしまうでしょう。

ですから、「感謝をしつつ断る」という方法が、ありがた迷惑の人に行うべき対処法となります。

「ありがとう、だけど今は大丈夫」

と伝え、ありがた迷惑をうまく回避しましょう。

2.いつか力を貸してください

ありがた迷惑な行動をする人は、善意によって突き動かされているので、誰かの役に立ちたい、誰かの力になりたいというレーダーを張り巡らせているのです。

少しでも困っている人がいると、そのレーダーが反応して、すぐにありがた迷惑な行動を取ってしまいます。

そんな人は、いつも力が有り余っていて、元気な人であることが多いです。

ですから、本当に困っている時や人の力が必要な時には、とても役に立ってくれます。

それを考えれば、今はありがた迷惑として捉えられる行動も、いつかは必要になるかもしれません。そのため、

「今は大丈夫です。いつか困ったときに力を貸してください」

と言っておけば、ありがた迷惑な人をうまく味方につけることができ、その上で断ることもできるようになるのです。

3.気持ちだけ受け取ります

困った顔のイラストを持つ女性

ありがた迷惑な人は、否が応でも善意の押し売りをしてきます。それはなぜかというと、

  • 人のために行動することは全て良いこと
  • 人のためにする全てのことは人の役に立つこと
  • 自分の善意は全て人に受け入れられる
  • 善意が悪意に変わることはない

と思っているからです。

もちろん、その気持ちは間違いではないですし、善意を持っていることは素晴らしいことですが、あまりにも過剰だと、善意は迷惑なものとなります。

そこで、「気持ちだけ受け取ります」という言葉を使って、断るという方法を使うようにすると良いでしょう。

この言葉を使えば、相手の善意に迷惑しているということを、暗に伝えることができます。

その気持ちに気付かない鈍感な人もいますが、遠まわしに伝える方法として最適ですので、試してみてください。

4.謝りながら断る

いくらありがた迷惑だと言っても、人から向けられている善意や好意を断ることに変わりありません。

それを考えれば、相手を傷つけたくないと思う人も多いでしょう。

そのような人は、謝りながら断るという方法を使うと良いです。

「せっかくの好意なのに断ってすいません」
「こちらに受け入れるだけの技量はないですから」

というように、下手に出て断れば、相手も悪い気はしないです。

あくまでも、

「好意を受け取れない自分が悪いんです」

というスタンスを崩さず、申し訳なさそうに断れば、しつこいありがた迷惑を、うまく断ることができるようになります。

5.はっきりと断る

何回断ってもありがた迷惑をやめてくれない相手には、はっきりと断ることも必要です。

オブラートに包んで優しく断っていると、相手の押しに負けてしまうこともあります。

ならば、オブラートに包まず、

「迷惑なので大丈夫です」
「もう十分なのでやめてください」

などと伝えてみてください。

相手は、はっきり断られて初めて、善意を持ってやっていたことが相手にとっては迷惑なことだったんだと気付くでしょう。

それに気付いてくれれば、ありがた迷惑を押し付けてくることも無くなります。

しかし、あまりにもはっきり言ってしまうと、相手を傷付けたり、トラブルになることもあるため、ある程度、相手の気持ちを汲み取りながら、断りましょう。

まとめ

ありがた迷惑な人とは、付き合っていくのが難しく、対応の仕方を間違うと敵対視されてしまったり、反感を買ってしまうことにもなりかねません。

ですから、たとえありがた迷惑な行動をされても、多少は目を瞑って、上手に付き合っていくしかないのです。

ありがた迷惑な人への上手な断り方を身につけて、上手に付き合っていきましょう。

おすすめの記事