【ONEPIECE】ゾロの歴代刀一覧と刀にこめられたストーリーを大調査!

初登場から三刀流で数々の強敵を倒してきたゾロですが、現在までに何本も刀が変わっていてそれぞれの刀にもストーリーがこめられており、ゾロはその愛用の刀と共に成長してきました。

今回はゾロの共に歩んできた歴代の刀を詳しく調査し、それぞれの刀のストーリーを紹介します。

ゾロの年齢・出身地・懸賞金などのプロフィール

巨大ガレオン船を切って2年間の修行の成果を見せたゾロ
引用元:ONEPIECE

  • 名前:ロロノア・ゾロ
  • 出身:イーストブルー(シモツキ村)
  • 所属:麦わら海賊団(戦闘員)
  • 年齢:19歳→21歳
  • 誕生日:11月11日
  • 血液型:XF型
  • 身長:178㎝→181㎝
  • 懸賞金:6000万ベリー(アラバスタ編後) → 1億2000万ベリー(エニエス・ロビー編後) → 3億2000万ベリー(ドレスローザ編後)
  • 趣味:酒

「海賊狩りのゾロ」の異名を持ち、最悪の世代の一人として数えられ、両手に刀を持ち口に刀を加えた三刀流での戦闘スタイルです。

世界一の大剣豪になる夢を持ち、日々ストイックに鍛錬を重ね、強敵との戦闘も自分を高みに近づけられると好んで挑む性格で一味から絶大な信頼を得ています。

一方で極度の方向音痴のため、冒険の都度道に迷って単独行動をすることが多々あり、仲間はゾロの方向感覚を一切信じていません。

ワンピースにおける刀の種類

ONEPIECEの世界における刀の種類。最上大業物、大業物、良業物に分けられる引用:ONEPIECE

ここではONEPIECEの世界における刀の種類を紹介します。

この世界での刀には4つのランクで区別されていて、

  • 最上大業物:12工
  • 大業物:21工
  • 良業物:50工
  • 業物

ここで「工」というのは本数のことであり、最上大業物は世界に12本しかない刀を意味していて、刀には妖気を纏った妖刀や、ある条件によって成る黒刀など様々な種類があって、ゾロもこれらに含まれる刀を所有しています。

ゾロが使った歴代の刀一覧

ここからゾロの歴代刀とその刀にこめられたストーリーを紹介します。

和道一文字(1本目)

幼馴染のクイナが亡くなり、形見である和道一文字をもらい二人の夢である世界一の大剣豪になると誓うゾロ

引用:ONEPIECE

  • ランク:大業物

和道一文字は元々ゾロの幼馴染である、くいなが所有していた刀です。

ゾロは幼い頃、くいなと一緒に道場で刀の訓練をしており、お互いに将来「世界一の大剣豪」になることを夢見ながら切磋琢磨していましたが、ゾロは唯一くいなにだけ勝つことができず、ある日くいなに真剣で一騎打ちを持ち掛けた時に、くいなは和道一文字でゾロに勝利しました。

くいなはゾロに勝った後、自分は女だから大剣豪にはなれないと言われて悩んでいると告白し、そんなくいなにゾロは将来どちらかが世界一の大剣豪になろうと約束をしましたが、その翌日にくいなは階段から転倒し死亡。

そこからゾロはくいなの和道一文字を譲り受け、現在でも使い続けているゾロの中で最も思い入れの深い刀と言えます。

三代鬼徹(2本目)

手にしたものが不運の死を遂げる鬼徹の説明をするいっぽんマツ引用:ONEPIECE

  • ランク:業物

三代鬼徹はローグタウンの刀店で5万ベリーのジャンク品として売られていましたが、実際は100万ベリー相当の業物でした。

ジャンク品として扱われていた理由は、初代から続く鬼徹一派の刀が妖刀で、刀の持ち主は皆悲運の死を迎えていたいわくつきの刀だったからです。

ですがゾロは三代鬼徹を気に入り、その刀を売ってくれない店主に自分の運と、呪いどちらが勝つか賭けとして刀を上に放り投げ、その下に腕を伸ばして刀が腕を切るかどうか勝負し、刀は放物線を描くようにゾロの腕をすり抜けたため、ゾロは刀を手にすることができました。

この賭け勝負で傍に居合わせた海軍のたしぎは腰を抜かし、ゾロの強運と度胸、自分を信じる揺るぎない気持ちが伝わるシーンです。

雪走(3本目)

ゾロを一流の剣士と認め店の家宝である雪走を譲るいっぽんマツ引用:ONEPIECE

  • ランク:良業物

雪走は三代鬼徹の賭けに勝った時に店主のいっぽんマツが、ゾロを一流の剣士と見定め、店にある最高の刀である雪走をゾロに譲った刀です。

刀を譲る際、いっぽんマツは「刀は持ち主を選ぶ」「男が男に夢を託して何が悪い」と言い、ゾロの剣士としての素質を見抜き、ゾロがこれから世界に名を挙げる剣士になると予感したのかもしれません。

そんな雪走ですが、グランドラインのエニエスロビー編で海兵のサビサビの実の能力で刀が錆びて使用できなくなりました

その後刀は鞘にしまったままにし、スリラーバーグ編で次の刀である秋水を手に入れたため、雪走のお墓を作り黙とうして供養していて、このシーンではいっぽんマツも回想で出てきておりゾロが雪走を大切にしてきた思いが現れたシーンですね。

秋水(4本目)

ゾロに敗北しワノ国の国宝級の刀「秋水」を譲るリューマ引用:ONEPIECE

  • ランク:大業物

秋水はワノ国の剣豪リューマが所有していた刀でした。

リューマはワノ国の中で伝説と言われるほどの強さの持ち主で、そのリューマの死後墓に埋められたリューマと秋水が奪われる事件が起き、その死体と刀を奪った犯人は王下七武海ゲッコー・モリアで、モリアの能力によってリューマをゾンビ化させ部下として使用していましたが、スリラーバーグ編でゾロはリューマと戦って勝利し1本刀をなくしていたため代わりとして秋水を手に入れました。

ゾロが手に入れた秋水は刀が黒い黒刀に分類されており、恐竜に踏まれても折れないぐらい強靭な硬さと言われています。

そんな秋水はワノ国で刀神様などと言われ国宝級として扱われていましたが、前述の通り盗まれたためワノ国中が涙しており、そこに秋水を持ったゾロがワノ国に上陸し、国の事情を聞き秋水をワノ国に返すことを決めました。

閻魔(5本目)

広告

かつて光月おでんが所有していた二つの刀「天羽々斬」「閻魔」の説明

引用:ONEPIECE

  • ランク:大業物

閻魔はワノ国元将軍光月おでんが所有していた刀です。

この刀は持ち主の覇気を強制的に過剰に使用させるため、制御が難しいが抜群の切れ味を誇ります。

地獄の底まで切り伏せると言われており、過去おでんのみ使用することができ四皇カイドウを唯一切ることができた伝説の刀としておでんの娘光月日和が守ってきましたが、日和はゾロがワノ国の国宝秋水を返還してもらう代わりに閻魔をゾロに譲りました。

閻魔は錦えもんでさえ「自分なら貰わない」と言うぐらい扱いが難しく、使用者の覇気を吸い腕を干からびさせるため、ゾロも扱いに苦戦していますが、ゾロは自分が閻魔を扱えるようになった時はさらに強くなっていると言い秋水の代わりとして閻魔を手にしたのです。

まとめ

和道一文字、三代鬼徹、雪走、秋水、閻魔といった数々の刀を所有してきたゾロですが、それぞれの刀に思い入れがあり大切に使っていることが分かります。

これから強敵との戦闘が増えてくる展開ですが現在所有している和道一文字、三代鬼徹、閻魔がどのようにゾロと共に成長し活躍していくのかが楽しみですね。

広告