【超有名最高の感動アニメ】CLANNADの魅力を再確認!

泣ける感動アニメとして最も有名なアニメは、間違いなく『CLANNAD(クラナド)』、もっと言えば続編の『CLANNAD ~AFTER STORY~』でしょう。

『CLANNAD』と『CLANNAD ~AFTER STORY~』は、それぞれ2007年と2008年に放送された10年前以上のアニメ作品ですが、その人気は今でも衰えることがなく、未だに泣けるアニメランキングでも『CLANNAD ~AFTER STORY~』は一位に輝いていることが多いです。

2010年代前半まで、多くの芸能人やユーチューバー達が『CLANNAD ~AFTER STORY~』の魅力を語っていたのも記憶に新しいですね。

ここでは、そんな『CLANNAD』及び『CLANNAD ~AFTER STORY~』の魅力を今一度まとめたいと思います。

【CLANNAD】あらすじ

出典:Amazon

主人公の「岡崎 朋也(おかざき ともや)」は退廃的な高校生活を送っている少年。

父親との喧嘩が原因でバスケットボールをプレイできない身体になり、母親の顔も知らず、つまらない日常を過ごしていました。

そんなある日、学校の坂の下で一人で何かをつぶやいている少女を見かける朋也。

「あんぱん!」……と叫んだ後、少女は独り言を語り始めます。

「この学校は好きですか? 私はとってもとっても好きです。でも何もかも……変わらずにはいられないです。楽しいこととか、うれしいこととか、ぜんぶ。ぜんぶ変わらずにはいられないです」

それでも、この場所が好きでいられますか?

少女の言葉は朋也に向けられたものではありませんでしたが、朋也は少女に語り掛けます。

見つければいいだろ? 次の楽しいこととかうれしいこととか、見つければいいだろ

こうして出会った少年と少女は、長い坂道を登り始めるのでした。

【CLANNAD】見所

出典:Amazon

『CLANNAD』は最高の泣けるアニメなので、見所をピックアップして紹介します。

前半と後半の落差が本当に良い

この手の学園アニメや青春アニメ、恋愛アニメは、大抵、学校生活の間でストーリーが完結してしまうことが殆どですが、『CLANNAD』は学校卒業後も『CLANNAD ~AFTER STORY~』として続き、朋也がヒロインの「古河 渚(ふるかわ なぎさ)」と付き合って結婚した後も物語が展開されるのが最大の特徴です。

もちろん、前半の学園生活の物語も泣けるものが多いのですが、後半の朋也が渚と結婚した後の話が本当に良いと評判で、アニメファンでなくても涙腺崩壊間違いない超感動作となっています。

絶対にアフターストーリーまで視聴すること

本作『CLANNAD』は前期だけでも十分に泣け感動できますが、本当に素晴らしいのは、やはり『CLANNAD ~AFTER STORY~』です。

『CLANNAD』は全22話、『CLANNAD ~AFTER STORY~』も全22話なので、合わせると44話と非常に長い作品なのですが、アフターストーリーまで視聴したらもうノンストップで最終話まで視聴できるの、とにかく時間のある時に見始めるのが良いと思います。

アフターストーリーの18話と19話で涙腺崩壊

出典:Amazon

序盤から泣ける『CLANNAD』ですが、後半の『CLANNAD ~AFTER STORY~』の18話と19話は、本当に涙が止まりません。

思い出しただけで涙が出てくる感じですが、とにかく『CLANNAD ~AFTER STORY~』の18話まで視聴すれば、これ以上に泣けるアニメはないことがわかります。

【CLANNAD】まとめ

本作『CLANNAD』の、特に2期の『CLANNAD ~AFTER STORY~』は本当に泣ける感動アニメです。

百聞は一見にしかずなので、本作は実際に視聴してみてほしいと思います。

おすすめの記事