【ましゅまいれっしゅ感想】showbyrock3期は4人の絆の物語だった

サンリオが送るケモ耳キャラ達の音楽プロジェクトSHOW BY ROCK!!

3期目の作品、ましゅまいれっしゅは1期2期と同じような賑やかさがありながら、新登場バンドの成長に大きく焦点をあてた物語でした。

1つの出会いが大きな夢を叶えるきっかけとなる、そんなましゅまいれっしゅの感想を本編の流れに沿ってネタバレを含めつつ語っていきたいと思います。

アニメましゅまいれっしゅは1人の夢から始まる4人の物語

ましゅまいれっしゅキービジュアル

引用元:SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!

都会で何か素敵なことが起こるのを夢見ながら北国の小さな村で過ごしていたほわんは、オーディションの1次選考通過をきっかけに都会のアンダーノースザワへやってきます。

都会の人波に揉まれたり、2次選考のためのオーディションパスを落としたりなど、様々なトラブルに見舞われる最中ほわんが偶然耳にしたストリートライブ。

誰かを応援するようなその曲に惹かれてライブに聞き入るほわんは、マシマヒメコに誘われ飛び入りで一緒に歌うことになり、誰かと一緒に歌い演奏をすることにキラキラしたものを感じ始めます。

一方、ほわんをストリートライブに誘ったマシマヒメコ自身も自分がしたことにちょっぴり困惑気味。

なぜなら、マシマヒメコはマスターの勧めでバンドを組んではいるものの、過去の出来事を引きずっていて誰かとバンドをすることを心から楽しめていないからです。

そして、そんな2人とはまた別に「普通」と「特別」の間で揺れるデルミンとルフユ。

ほわんがやって来たことで、それぞれの想いを抱えたまま過ごしていた日々が動き出し「Mashumairesh!!」というバンドとなって大きな夢を叶えていくまでを丁寧に描いた物語、それがアニメましゅまいれっしゅです。

アニメましゅまいれっしゅの登場人物

アニメましゅまいれっしゅに登場するメインキャラクターから。

ほわん

ましゅまいれっしゅEDほわん

引用元:SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!

  • 身長:152cm
  • 体重:42kg(推測)
  • 誕生日:5月1日
  • 好きなもの:はじめての事・グッズ集め
  • 嫌いなもの、苦手なもの:退屈な事
  • CV:遠野ひかる

ましゅまいれっしゅの主人公である白っぽいきつね族の女の子であるほわんは、いつか都会に行って素敵なことがあるといいなと考えています。

オーディションの1次選考通過をきっかけに生まれ故郷である北国のえいやっと村からアンダーノーズザワにやってきて、2次選考のためのオーディションパスを落としたことがきっかけでマシマヒメコ達と出会いました。

基本的にとってもポジティブ思考で、落ち込むことがあっても「よーし、やるぞ!」とすぐに持ち直せる芯の強さが特徴です。

ずっと田舎で暮らしていたため都会には慣れておらず、忘れ物をしやすいおっちょこちょいなところも。

マシマヒメコ

ましゅまいれっしゅEDマシマヒメコ

引用元:SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!

  • 身長:158cm
  • 体重:45kg(推測)
  • 誕生日:7月22日
  • 好きな物:おフロ
  • 苦手な物:外見で判断される事
  • CV:夏吉ゆうこ

マシマヒメコはしましまのツインテールがチャームポイントな縞々猫族の女の子で、仲間達からは「ヒメコ」と呼ばれています。

ほわんがアンダーノースザワに来た日に偶然ストリートライブをやっていたことがきっかけで出会うことになり、泊まる場所も決めていなかったほわんを見かねてルームシェアを提案しました。

バンドメンバー誰もが認めるギターテクの持ち主ですがそれが原因で辛い目にあったことがあり、あまりギターの腕前を褒められるのは好きではない様子。

また有名バンド「クリティクリスタ」の大ファンで部屋にはたくさんCDが並べられており、それに気づいたほわんに彼女達の魅力を熱く語って止まらなくなっちゃうかわいい側面もあります。

デルミン

ましゅまいれっしゅEDデルミン

引用元:SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!

  • 身長:140cm
  • 体重:39kg(推測)
  • 誕生日:3月10日
  • 好きなもの:家
  • 嫌いなもの、苦手なもの:ツノを触られる事
  • CV:和多田美咲

デルミンは小柄で冷静沈着なデビルミント鬼龍族(きりゅうぞく)の女の子です。

オニギリクママンというぬいぐるみをいつも大事に持ち歩き、古いアパートでコイル巻きの内職をしながら一人暮らしをしています。

大人しく控えめな性格ですが、大切なものを守りたいと思った時は4人の中で一番大胆な行動をとれる一面も。

本気になるとツノからビームが出せちゃうすごい力の持ち主ですが、デルミンは本人は特別と言われることを嫌い、静かで平穏に暮らすことを望んでいます。

ルフユ

ましゅまいれっしゅEDルフユ

引用元:SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!

  • 身長:157cm
  • 体重:44kg(推測)
  • 誕生日:12月22日
  • 好きなもの:日記を書くこと
  • 嫌いなもの、苦手なもの:じっと耐える事
  • CV:山根綺

ルフユは元気いっぱいな狼娘族の女の子で、メンバーの中では一番お金持ちのお嬢様です。

けれども、それ以外に取り柄のない普通の子であることに不安を感じ、特別な自分になろうと日々謎の修行をしたりして奮闘中。

その結果「ルナティック○○!」「これは事件だ!」を筆頭に、不思議な掛け声や必殺技みたいな言葉を使っては、一人で妄想を炸裂させて小さな事件を大事にしがちです。

自分や周りの言動を振り返り、どうやって特別な自分になろうかという計画を秘密のノートに書いては大切に持ち歩いているとか。

ましゅまいれっしゅの見どころ~4人が夢の舞台に立つまで~

ストリートライブでヒメコ達と一緒に歌い自分の夢の形のきっかけを掴んだほわんでしたが、そこでいきなりバンド結成とはなりません。

2話の時点では3人のバンドはまだ名前も決まっておらず、マシマヒメコ自身はバンドを続けることにやや否定的なことに加えてデルミンとルフユもそれぞれの問題を抱えていました。

ここから彼女達がどのように夢の大舞台を目指すことになるのか、特に心に残った回の話を紹介していきます。

ルフユとデルミン、真逆の悩みの先の友情(4話)

ルナティック三日月拳の決めポーズをするルフユ

引用元:SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!

普段からオーバーリアクション気味な言動で周りを振り回しがちなルフユ。

彼女の言動は特別な自分になりたいという願いからくるもので、ビームを出したり出来るすごい力を持ったデルミンはルフユにとって憧れの対象でした。

そんなある日、ルフユは特別な自分になるための色んな作戦を書いていた秘密のノートを落としてしまいます。

偶然そのノートを拾ったデルミンは持ち主を確かめるためにノートを読んでルフユの心情を察知すると、4人で鍋パーティーに集まった時にこっそりとルフユにノートを返そうとしますが大失敗。

結果として、ほわんもヒメコもルフユのノートの事を知ってしまい、自分が普通であるということがバレてしまった恥ずかしさからルフユは勝手にヒメコの部屋の物置に籠城してしまいます。

勝手にノートを見たことを謝りつつルフユを説得をしようとするデルミンでしたが、憧れと不安がない交ぜになって動揺しているルフユの口から出てきた「デルミンは特別なデビルミント鬼龍族じゃん!」という一言がデルミンの琴線に触れることに。

デルミン怒りのビーム攻撃

引用元:SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!

ツノから放ったビームで物置の扉を壊すと、あっけに取られている3人を残してデルミンは夜の街へと消えてしまいます。

実はデルミンはデビルミント鬼龍族としては小柄で落ちこぼれ扱いされており、一族と一緒に暮らすことを許されずに1人でアンダーノースザワで暮らしていたのでした。

デルミンを追って街へ飛び出したルフユは夜の公園にてデルミンと再会し、知らなかったことはいえデルミンを傷つけたことを謝った後に、それぞれ「普通への憧れ」と「特別への憧れ」について思いをぶつけあいます

特別であることを悩むデルミンと普通であることを悩むルフユ、方向性は逆ですが似たような悩みを抱える2人は、デルミンの「似た者同士であるルフユさんのことをもっと知りたいです」の一言から友達としての一歩を踏み出すことに。

デルミンとルフユが夜の公園で仲直り

引用元:SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!

お互いに全てもさらけ出した後でもルフユは相変わらず不思議な言動を繰り返していますが、デルミンがそれに対して突っ込みをしたり、ノッてくれたりするようになりました。

4話以降の話で見られる2人の距離感や、ルフユがはっちゃけすぎるとデルミンが弱ビームを出してルフユを足止めするなど、この後も少しずつ深まっていく2人の距離感から目が離せません。

マシマヒメコとほわん、もう手放さない大切な事(6話)

夜の街で物思いに耽るマシマヒメコ

引用元:SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!

マシマヒメコはとてもギターを弾くのが上手で、その腕前をきっかけに昔バンドを組んでいたことがありました。

けれども周りのメンバーはマシマヒメコをもてはやした後に、その才能に嫉妬するなどして彼女の下を去ってしまったのです。

だからこそ、マシマヒメコはほわん達とバンドを組むことでまた裏切られてしまうのではという怯えを抱いたままでした。

バンド結成の話をはぐらかすマシマヒメコに対し、ほわんは4人でやったストリートライブとそこで感じたキラキラしたことを一生懸命語りますが、「ヒメコちゃんのすごいギターで」と言われたことでマシマヒメコは思わずほわんを拒絶してしまいます。

ほわんを拒絶するマシマヒメコ

引用元:SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!

何度も自分のギターテクニックを褒められては1人取り残させる寂しさや悲しみを吐き出すようなヒメコの「すごい、すごい、そう言っていたやつはみんないなくなった!」という言葉にひるんでしまうほわん。

けれども、ほわんに嫌われたと思ったマシマヒメコは諦めのように心の中に溜め込んでいた苦しみを呟き始めます。

寂しがりで本当は誰かと一緒に音楽を楽しみたいのに他人とつるむことにも怯えてしまうマシマヒメコの姿に、ほわんは自分のことばかり考えてマシマヒメコの気持ちを考えていなかったことに気づきました。

なぜ一緒にバンドをやりたいと思ったのかを見つめ直したほわんは、改めて「うち、ヒメコちゃんが大好き!ずっと一緒にいたい!」とマシマヒメコに伝え、ギターのテクニックなんて関係ない、優しくて音楽に対して真剣なマシマヒメコがかっこいいと思ったから、そしてみんなと一緒に夢の舞台を目指したいと願うほわん。

ほわんの素直な気持ちはマシマヒメコの心をついに溶かし、想いが通じ合った2人がほわんの大好きな歌を歌ったり、朝まで海辺でとりとめのないことを語り合ったりするシーンは、ここにくるまでの2人があったからこそとても感動できるシーンでした。

お互いの気持ちをぶつけ合った後に海を眺めるほわんとマシマヒメコ

引用元:SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!

この後、改めて「Mashumairesh!!(ましゅまいれっしゅ!!)」として活動を始めることとなるほわん達の、6話以降バンド活動やほわん達に対してデレる姿を見せるようになっていくマシマヒメコの姿も必見です。

また、この回で2人が歌っていたほわんの大好きな歌はマシマヒメコが新曲を作る時に活躍することになるのでした。

大型フェスに向けての作曲合宿(10話)

広告

対バンに負けて落ち込むましゅまいれっしゅ

引用元:SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!

8話にてほわん達は大人気バンドから対バンを申し込まれ負けてしまいます。

しかも、その時に実力差を思い知らされただけではなく「楽しいだけではダメだ」と自分達のバンドの在り方を否定される形になってしまいました。

さすがに落ち込む4人ですが大人気バンドとの対バンが大型フェスへ出場するための条件として評価され、憧れの大きな舞台に立つチャンスがほわん達に巡ってきます。

自分達の音楽の在り方を伝えるため、フェスに向けて新曲を作ろうと意気込んだマシマヒメコですがその作曲がなかなかうまくいかず、心配するほわん達の応援もプレッシャーを与えて逆効果になるばかり。

作曲に悩むヒメコ

引用元:SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!

そこで思い切って環境を変えてみようということになり、ほわんはえいやっと村にある自分の家へマシマヒメコ達を招待します。

昔ほわんのおじいちゃんが使っていたスタジオで練習したり、温泉に入ってのんびりしたり、夜にほわんの部屋で色んなことを語りあったりする4人。

そんな和気あいあいとした空気の中で布団に入ったものの眠れないマシマヒメコが窓から星空を眺めていると、ほわんが起きだして村と星空が見渡せる高台に案内してくれました。

都会では見れないような美しいオーロラを眺めながら、ほわんはみんなと出会えてよかったとマシマヒメコに伝え、マシマヒメコはほわんのおかげで変われたことにお礼をいいます。

ほわんはあまり自覚はないようですが「ほわんがあたしたちを結んでくれたんだから」というマシマヒメコの台詞が示すのは、ほわんがいたからこそ今のましゅまいれっしゅがあるということ。

過去の出来事から他者と繋がることに怯えていたマシマヒメコの成長を感じさせるこの台詞は、6話も相まってとても感動できるシーンです。

星空の元で約束を交わすほわんとマシマヒメコ

引用元:SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!

そしてこの夜の2人での会話からヒントを得て、マシマヒメコはフェスへの新曲を完成させることになるのでした。

離れ離れになってもいつか帰ってくる場所という想いを込めた曲に、ほわんの大好きな歌を少しアレンジして作りあげた新曲。

それは最終話でおおいに観客を感動させ、かつて対バンを申し込んで来たバンドにもましゅまいれっしゅの音楽を全力で楽しむという在り方を伝えることに成功するのでした。

 大型フェスをやりきったましゅまいれっしゅ

引用元:SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!

始めてアンダーノースザワにやって来た時、ほわんはこんな大きなステージに立っていることなんて想像していなかったのです。

けれどもあの日ほわんがアンダーノースザワに訪れたから、あの場所でマシマヒメコ達がストリートライブをしていたから、4人の物語は動き出すことになりました。

飛び入りのストリートライブをした時から少しずつ大きくなっていた、1人ではなくみんなで楽しく歌いながら、観客にも音楽を楽しんでもらいたいというほわんの想い。

いつしかその夢に向かって4人が自然に踏み出せる絆を紡いでいく、SHOW BY ROCK!!の賑やかな雰囲気をそのままに日常とバンドを巡る話が丁寧に描かれていることがましゅまいれっしゅの一番の魅力だと感じています。

まとめ

ましゅまいれっしゅは、ほわんが踏み出した1歩がバンドとしての夢に繋がっていく素敵な物語でした。

4人の絆が深まる話以外にも、ひたすら笑えるギャグ回やゆるかわいい日常回も楽しむことが出来ますよ。

SHOW BY ROCK!!4期を見る前に、ほわん達出会いの物語確認してみてはいかがでしょうか。

広告