【ハイキュー】西谷夕のかっこいいシーンまとめ!惚れる名場面やセリフ集

絶賛放送中のテレビアニメ「ハイキュー」に出てくる、烏野高校バレーボール部の西谷夕。

小さい体ながら、周りを鼓舞するその姿に「かっこいい!!」と女子のみならず男子のハートもつかんでいる西谷。途中から登場したキャラクターにもかかわらず、その人気は衰えることを知りません。

今回は西谷夕がどんなキャラクターなのか、そしてどんなところがかっこいいのかなどお話していきたいと思います!

烏野高校の守護神である西谷夕のプロフィール

烏野高校バレー部集合写真
引用元:ハイキュー!!

主人公たちが通う学校、烏野高校バレーボール部そこで4番のユニフォームを着ている彼が西谷夕です。

黒が基調のユニフォームな烏野高校ですが、西谷はバレーボールの中で特別なポジション「リベロ」であるため、一人だけオレンジ色のユニフォームを着用しています。

  • 名前:西谷 夕(にしのや ゆう)
  • CV:岡本信彦
  • クラス:烏野高校2年3組
  • ポジション:リベロ(L)
  • 誕生日:10月10日
  • 身長:159.3㎝
  • 好物:ガリガリ君(ソーダ味)
  • 最近の悩み:無し

西谷夕は烏野高校の中でも一番身長が低く、一番身長の高いキャラクターと比べるとその差は30センチ!バレーボールをやっている選手の中では比較的身長が低い部類に入ります。

高さが必要なバレーボールにおいて低い身長はその分不利になってしまいますが、西谷夕はそんなことに臆することなく活躍。「ゲリラ豪雨」と呼ばれるほど騒がしく、感情の起伏が激しい性格をしていますがバレーボールのプレーはとても静か

感覚で動いており、天才型の選手で自身のポジションに非常に情熱と誇りを持っていて、チームメイトからは守護神の異名で呼ばれ、他校からも高い評価を得ており愛称は「ノヤっさん」この親しみ易い名前も人気の一つです。

最近の悩みは無しという男前さも兼ね備えており、第一回の人気投票ではなんと3位!!主人公2人に次いで断トツの人気を誇っています。

西谷夕のかっこいいシーンまとめ

数々の名言を残しているノヤっさんですが、プレーや試合前などでもそのかっこよさを垣間見ることができます。

続いてはそんな彼のかっこいいシーンを見ていきましょう。

背中は俺が護ってやるぜ

試合中緊張するメンバーを鼓舞する西谷

引用元:ハイキュー!!

烏野高校がばらばらになってしまった原因である、とある学校との対決のシーン。

烏野のメンバーは惨敗した過去からいつも通りの動きが出来ずぎこちなくなっていたのですが、そんな時に言ったノヤっさんの一言。

西谷夕「背中は俺が護ってやるぜ

天才だけど努力を怠ることのなかった彼だから言える言葉で、可愛らしい見た目と男らしい言葉とのギャップにやられてしまう人が続出し、このシーンはファンの中でも一位二位うを争うほど人気になっており、この一言があったからこそ烏野高校は普段通りに試合を行うことが出来ました。

本当にかっこいい。

反射でボールを取る西谷

落ちそうになっているボールを足で拾う西谷
引用元:ハイキュー

「あ、足ーーー!!」

上記と同じ試合の最中、エースが打ったスパイクがブロックによって阻まれてしまい、もう地面についてしまうそんなギリギリの目面に西谷夕が見せたこの足でのレシーブ。烏野のメンバーだけでなくこのスーパープレーに開場中が沸き上がります。

もうほとんど反射での出来事で、普段から感覚でプレーをしている西谷だからできたこと。

このスーパープレーのおかげでエースは折れかけていた心を戻すことに成功します。

体力の限界を迎えても

白鳥沢との試合中、落ちそうになるボールを自身の体力を鑑みずに拾い上げる西谷
引用元;ハイキュー

宮城県の強豪校である白鳥沢高校。

そんな高校と戦うことになった烏野高校のメンバー達は強敵の出現にファイナルセットまで持ち込みますが、皆の足はもう疲れ切って動かなくなってしまいます。

そこにボールが落ちるのが分かっているのに……もう一歩が届かない。

「に、西谷ーーーーーー!!!!」

キャプテンである大地さんと共に彼の名前を叫んだ人は多く、疲れているのにも関わらずボールに対して執念で追いかけることのできる西谷夕に、体力の限界を迎えてもなおボールを追いかけ続けることができる、そのひたむきさに涙した人も多いでしょう。

特に白鳥沢高校のエースは全国で3本の指に入るほどの実力と威力の持ち主、そんな彼のスパイクをたったの3本で対応して見せたそのセンスにもさすがと言いざるを得ないです。

彼がいなければファイナルセットまで持ち込むことはできなかったと考えると、ここが西谷夕のカッコいいシーンであることに間違いありません。

守護神西谷夕のかっこいい名言集

彼のかっこよさと言えば何といっても名言!

数々の名言を残している西谷ですが、その中でも人気のあるセリフはこの3つでしょう。

俺はこの身長だからリベロやってるワケじゃねえ、たとえ身長が2mあったって俺はリベロをやる

一番かっこいいポジションはリベロだと胸を張る西谷
引用元:ハイキュー

スパイク打てるのがかっこいい!俺もそんな風になりたい!けれど身長が低いことを気にしている主人公・日向に対していったセリフ

本人もバレーボールは「高さ」が命だと分かっていて、低い身長の人間は活躍できない。

でも身長が低いからリベロをやっているわけではない、このセリフから、彼がどんな風な思いで自分のポジションをやっているのかが伺えます。

壁に跳ね返れたボールも今度こそ繋いでみせるからだからもう1回、トスを呼んでくれエース

自身の思いをエース東峰に伝える西谷
引用元:ハイキュー

エースである東峰はとある試合で思うようにスパイクが決められず、自身を責めて西谷とトラブルになり部活から離れてしまいます。

日向たちの勧誘により少しだけ部活に戻った東峰でしたが、スパイクには参加していませんでした。

練習試合中スパイクを打つことになってしまった東峰ですが、過去のトラウマから打つのに戸惑いを隠せません。

そんな中西谷が東峰に言ったセリフ。

西谷自身も同じようにボールをうまく拾えなかったことを悔やんでいました。

同じようなミスをしないように西谷は自主練を行いできるようにまで成長していたので、天才と呼ばれようとも努力は怠らない、西谷夕のかっこよさの秘訣です。

俺はリベロだ守備の要でチームの要だ!!けど!!俺に点は稼げない

自身を責める東峰に初めて怒りの感情を露にする西谷
引用元:ハイキュー

上記同様、3年生である東峰と言い争うシーンでのセリフ

「決められないボールを拾ったって、嬉しくないだろ」そう言ってしまう東峰に対して、自分が出来ない唯一のこと「点をとる」ことをやっている東峰。

いつもt-無名とを大切にし怒ったりしない西谷ですが、ここで初めて怒りの感情を露にします。

大事だからこそわかってほしい、自分の気持ちをちゃんと伝えたい…そんな西谷夕の思いがこのセリフには込められています。

まとめ

単行本は既に完結をしてしまっていますが、テレビアニメは絶賛放送中のハイキュー!

西谷のかっこよさはこれだけでは留まりません、きっとあなたがかっこいい!!と思うシーンが出てきますし、これ以外にも素敵なセリフやシーンが沢山登場すrので、ぜひ自分なりのかっこいい西谷夕をさがしてみてください。

原作は完結してしまっていますが、テレビアニメは絶賛放送中です。

配信サービスなどでも見ることが出来ますので、アニメの迫力もあなたの目で確かめてみてくださいね。