鬼滅の刃で炭治郎が覚醒したのは何巻の何話?透き通る世界に目覚めた強さ

主人公竈門炭治郎が透き通る世界を覚知し日の呼吸の剣士として完全覚醒することで、ストーリーは大きく動きます。

前巻では、父からの透き通る世界に対するエピソードで終わったわけですが、この「父による見取り稽古」が今回の炭治郎の覚醒に大きく影響。

竈門家ではヒノカミ神楽の舞とともに、透き通る世界の体現というものが語り継がれていった重要な神楽だったんですね。

ここでは、

  • 炭治郎が覚醒したのは何巻の何話?
  • 炭治郎が覚醒!漫画ネタバレ
  • 炭治郎が覚醒!画像紹介

を紹介していきます。

鬼滅の刃で炭治郎が覚醒したのは何巻の何話?

鬼滅の刃18巻の表紙
引用元:鬼滅の刃

鬼滅の刃で炭治郎が覚醒したのは原作漫画18巻152話「透き通る世界」です。

この中で炭治郎は自分の能力を最大に開花することができるようになる、それが炭治郎の「覚醒」。

覚醒により「痣」が発現するものは、

  • 身体能力を最大限にまで引き上げることができる
  • 痣発現により、25歳までに死んでしまう
  • 痣を発現させるためには心拍数は200を超え、体温は39度以上と言われている

「痣」が発現することでの身体的な負担が激しく、それに耐えられたものが「覚醒」という姿で最大に能力を発揮することができる、ということ。

ちなみにこれは、刀鍛冶の里で戦ったときに痣の発現があった時透無一郎の証言で、同じく痣を発現した甘露寺蜜璃は抽象的で痣を発現させるための方法やその時の状況をうまく説明できなかったため、無一郎が代わりに説明し、おかげで具体的に分かった事実でした。

鬼滅の刃で炭治郎が覚醒するまでの経緯と覚醒した瞬間

ここからは更に炭治郎が覚醒した瞬間や、それに至るまでの経緯をご紹介します。

おでこの痣

鬼滅の刃第1巻炭治郎が家族7人の幸せな生活を実感しおでこの痣がやけど跡のような薄いものだった時
引用元:鬼滅の刃

最初に炭治郎の「痣」らしきものが見られるのは第1巻第1話「残酷」です。

この時は「痣」というより、けがの痕みたいな感じで、炭治郎も、やけどの傷だと言っていて、そして最終選別後の初の任務に向かう時、炭治郎の痣の形は少し変わっています。

第2巻第10話「人攫い沼」での炭治郎。

これは最終選別のとき鬼と戦う際に出来た傷だと炭治郎本人も言っていて、実際、鱗滝の自宅で療養しているときは傷の部分を手当てしていたので本当のようですが、痣自体は戦いの中で変貌していくのでやはり炭治郎も「痣者」であることは間違いありません

鬼滅の刃第2巻第10話の炭治郎の痣のイラスト。最終選別の鬼との戦いで受けた傷により痣の形が以前と変わっている
引用元:鬼滅の刃

はっきりと痣の形が変わるのが第11巻第94話「何とかして」の回で、上弦の陸͡、妓夫太郎も痣の変化に気付くシーンです。

これまでの力を出すだけでは上弦の陸を倒せないと炭治郎が、渾身の一撃の100倍の力で挑んだ瞬間に痣の形が変化しました。

鬼滅の刃第11巻第94話で上弦の陸を倒す時に痣の形が変化したところです。鬼の紋様と似た形での発現です。
引用元:鬼滅の刃

大人しかったあの炭治郎がこれほど変貌するのは、もう覚醒と言って問題ないでしょう。

炭治郎の覚醒後の能力

「父さんが教えてくれた”透き通る世界“に入れたとき、動きの予測と攻撃の回避の速度が格段に上がる」そう気付いた炭治郎は、猗窩座と義勇の戦いを凝視しています。

鬼滅の刃第18巻第152話で炭治郎が透き通る世界を体現するために猗窩座と義勇の戦いを凝視している
鬼滅の刃第18巻152話で炭治郎が猗窩座と義勇の体が透けて見える透き通る世界を覚知し、覚醒へ進むための足掛かり
引用元:鬼滅の刃

かなり苦戦を強いられながら、間合いに入れずなかなか切り込めない義勇は猗窩座からとどめの一撃を食らいます

義勇の体に猗窩座の腕が突き刺さった瞬間、刺さったはずの腕が地面に落ちていました。

一瞬のうちに炭治郎が猗窩座の腕を切り落としていたことに、猗窩座は驚きと同時に「体中の細胞が産毛に至るまで今すぐコイツを殺せと言っている」と直感で感じます。

鬼滅の刃第18巻152話で覚醒した炭治郎に恐怖を抱く猗窩座
引用元:鬼滅の刃

死の危機が迫る猗窩座はさらに血鬼術を展開。

しかし、炭治郎は呼吸の音も髪も目もすべてが今までとは違い、猗窩座には想像もつかないほどの変化を遂げていたのです。

鬼滅の刃第18巻152話で炭治郎が透明な世界を覚知し覚醒した瞬間
引用元:鬼滅の刃

義勇ですら驚きのあまり言葉を失うほど気配がまるで別人のようになった炭治郎は、痣がくっきりと浮かびあがっていました。「覚醒」していたのです。

覚醒により透き通る世界を会得した炭治郎は相手の動きがゆっくり見えるようになる

覚醒によって”透き通る世界”を感じることができた炭治郎は不思議なことに時間がゆっくり進むように、動きがゆっくり見えるようになっていました。

 鬼滅の刃第18巻152話で闘気と殺気をなくして近付く炭治郎に猗窩座が動揺

鬼滅の刃第18巻152話、猗窩座が炭治郎の変化に気付き闘気と殺気がなくなったことに動揺
引用元:鬼滅の刃

まさに覚醒した炭治郎は殺気も闘気もなく、猗窩座が求めていた至高の領域、無我の境地だったんです。

それに怯える猗窩座は「終式 青銀乱残光」で猛攻撃を仕掛けてきます。威力もこれまで以上に増大し、さらに攻撃の速度も上がっている猗窩座の攻撃を義勇は十弐の型:凪で受け切るために構え、それを炭治郎は凝視していました。

義勇は凪で応戦しますが猗窩座による乱れ打ちを喰らい、傷だらけに。すかさず猗窩座は「杏寿郎や炭治郎のように死ぬことはない。お前も鬼になれ、義勇」と誘いかけるのです。

その背後から忍び寄る炭治郎は…

鬼滅の刃第18巻152話で覚醒した炭治郎が猗窩座に宣戦布告

引用元:鬼滅の刃

「猗窩座!!今からお前の頸を切る!!」と馬鹿正直に宣言。そこが炭治郎の良さでもあるのですが、時と場合を考えてほしいですね。

たとえ、不意打ちをしなくて今の炭治郎は猗窩座を倒すことができる、そう実感するのは猗窩座が感じた、「なんだ?なんだこの奇妙な気配は。何か別の生き物になったようだ」「闘気が消えた。闘気がない!!」という言葉です。

そして覚醒した炭治郎が放つ「ヒノカミ神楽 斜陽転身」により猗窩座は頸を切られるのでした。ただ、上弦に関しては頸を切ったから終わり!ではないパターンが多くあるので、この後の展開もまた楽しみです。

炭治郎が覚醒したシーンの画像

鬼滅の刃第18巻152話で覚醒した炭治郎の変化した様子

鬼滅の刃第18巻152話で覚醒した炭治郎による猗窩座への最後の一撃です。
引用元:鬼滅の刃

今までの優しい炭治郎とは少し違った「オーラ」を感じますが、今までの状態ではかなわないと本能的に感じたからこそ覚醒するんだから当然ですね。

それまではかなり苦戦していたのに覚醒するとあっという間に猗窩座の首を落とす技の見事さに感動してしまいます。

まとめ

  • 鬼滅の刃 炭治郎が覚醒したのは単行本第18巻152話「透き通る世界」
  • 炭治郎の覚醒により、「透き通る世界」が見えるようになったことで、宿敵・猗窩座の頸を切ることができた
  • 炭治郎の覚醒は物語が大きく動く重要な出来事だった

炭治郎は猗窩座と義勇の戦いをじっと見つめながら、父から見取り稽古をうけたときのことを思い出します。

何人もの人を喰い殺した熊を相手に、少しの恐怖もなく怯みもなく殺気すら放たずにいつも通り植物のような気配をした父のことを思い出し、この透き通る世界への覚醒をすることができたんですね。

この覚醒が、このあと迎える鬼舞辻無惨との戦いの重要な活路となっていくんです。

そして、痣の発現があったものはみんなこの透き通る世界を感じることができるようになっているんですね。

いよいよクライマックスまであと残り数巻、透き通る世界を開き、覚醒した炭治郎の活躍がさらにさらに期待されます!