オペレーションの仕事をする女性

コミュニケーション能力を活かしながら出来るおすすめの仕事は?

  • 2020年2月7日
  • 2020年11月7日
  • 未分類
  • 5view

仕事をする上で重要な事とは何でしょうか?

誰よりも早い計算能力であったり、細かい作業であったり、力が必要だったりと、仕事によって必要なスキルがありますが、その中でもコミュニケーション能力というのが仕事をする上で重要なスキルになってきます。

では、コミュニケーション能力が何故必要なのか?また、コミュニケーション能力を活かせる仕事はどのようなのがあるのか紹介していきます。

仕事にコミュニケーション能力は何故必要なのか?

 

握手をする2人の男性

社会人として生活していく中で、必ずコミュニケーションを図る場面に出くわします。それは会社の上司であったり、同僚や後輩、取引先から友人まで生活していく上でコミュニケーションは必須です。

コミュニケーションをとる事によって仕事がスムーズに進んだり、相手の意図を組む事が出来るので社会人としてコミュニケーション能力があった方が何事も上手くいきやすいでしょう。

よくおしゃべりが得意で、人当たりの良い人がコミュニケーション能力が高くみられるので、おしゃべりが不得意な人はコミュニケーション能力が低いと言われてしまいますが、そうとも限りません。

相手の話しに相槌をうったり、リアクションをとる事もコミュニケーションの一つですし、朝の挨拶だったり、仕事終わりの「お疲れ様でした」の一言もコミュニケーションの一つ。

話しが苦手だからコミュニケーション能力が低いという先入観は思わないようにしましょう。

コミュニケーション能力が活かせやすい仕事とは?

 

オペレーションの仕事をする女性

では、コミュニケーション能力が高く、それを仕事に活かしたいと思った場合、どのような仕事をした方がコミュニケーション能力が活かせやすいのでしょうか。

営業職

コミュニケーション能力が高い人の活かしやすい仕事の代表と言えば営業職ですね。

営業職というのは、自分の会社の商品等を取引先等に紹介をして販売をしていく仕事です。

例えば、いかに自分の会社の商品が素晴らしいか、この商品を取引先の会社で販売するとどのようなメリットがあるか等をプレゼンしたりする仕事。

いかに自分達の要望を相手に納得させるかと、相手の要望を上手く取り入れて話を進めていくのかが大事な仕事であり、コミュニケーション能力が高いとスムーズに運びやすいでしょう。

もちろん話すだけがコミュニケーションではなく、相槌をうったりリアクションをしたりも必要で、最もコミュニケーション能力を活かせる仕事です。

接客業

接客業というのもコミュニケーションが大事な仕事ですね。

お客様が相手なので、丁寧で紳士的な態度が求められる仕事でもあります。

どれだけ気持ちよくお客様に接客が出来るかが重要で、話す言葉だけでなく、口調や敬語、動作等にも気を配らなくてはいけません。

相手が何を求めているかをいち早く察知し、細かな気配りが出来る様になれば接客業もこなせるようになるでしょう。

介護職

介護職もコミュニケーション能力が高い人の方が仕事に活かしやすいでしょう。

話す言葉もですが、中には言葉が上手く話せない高齢者もいます。

その方達が何をして欲しいのか、何をすれば喜んでもらえるのかが大事であり、コミュニケーション能力が高ければ、上手く相手と意思疎通が出来る様に。

また、言葉が話せないのであれば、ボディタッチをしたり、身振り手振りで会話する事もコミュニケーションなので、それらを活用すれば大丈夫。

コミュニケーション能力がなくとも出来る仕事

 

NOと指をさす男性

世の中皆がコミュニケーション能力が高いわけではありません。

どうしても人と話をしたりするのが苦手な人もいるでしょう。そんな人でも気楽に出来る仕事というのもあります。

工場のライン作業

工場でベルトで運ばれてくる商品に対し、組み立て作業だったり、点検をしたりする仕事です。

何を作っているのか工場によって異なりますが、基本的には一人で黙々する作業なので、仕事中にコミュニケーションを図る回数が減るでしょう。

中には三人一組で行う作業もありますので、全くコミュニケーションが必要ないとも言いきれません。

警備員

警備員の仕事もコミュニケーション能力が低くても問題ありません。

特に夜の工場警備等は作業している人が誰もいないので、巡回が主な業務になりますからコミュニケーション能力が低くとも問題なくできる仕事です。

ただし、1人で警備ではなく、2人1組で警備する場所もあるので、その場合は同僚とのコミュニケーションは必要になるりますが、他と比べればコミュニケーションを図る機会はぐっと減りますね。

在宅ワーク

1人で仕事をする代表的な仕事は在宅ワークです。

在宅ワークは文字通り自宅でパソコン等を使い仕事をするのですが、自宅なので自分1人で黙々と作業ができるでしょう。

たまに会社や取引相手と連絡をとる事もありますが、電話やスカイプが多く、顔を合わせて話すわけではないので、コミュニケーション能力が低くともある程度問題はありません。

まとめ

コミュニケーション能力が高い人は人と接する仕事が向いており、低い人は1人で作業する仕事が向いています。

どちらかが良いというわけではありませんが、自分に合った仕事選びが重要になってきますね。