妻に詰め寄る旦那

家事分担をしたけど夫と妻の本音は?旦那を納得させて負担を分けるコツ

共働きをしているご家庭は今や全体の半数以上になっていますが、問題は妻も仕事をしているのに、家事や子育てのほとんどを一人で負担しているということ。

共働きを行うメリットはありますが、何のために共働きをしているのでしょうか?夫は仕事で忙しいという言葉をよく出しますが、共働きをしているのですから奥さんも同じくらい大変です。

双方に不満があるという事は家事分担がうまく出来ていないという証拠なので、今回は共働きをするメリット、家事分担をしているけど妻と夫の本音、家事分担をするコツをご紹介します。

家事分担をしたけど妻や夫の本音は?

共働きをしているご家庭は、家事分担をしなければ中々家庭生活がうまくまわせません。家事分担をしているけど、実際妻や夫はどんな本音を持っているのでしょう?

家事分担に対する夫の本音

妻に詰め寄る旦那

まずは、夫の本音から見てみましょう。

家事分担をしたのはいいけど、良かれと思ってやった事でも、不満を言われたり、手順や仕上がりに対して細かいダメ出しをされる。
やる度に、そう言われると「じゃ、自分でやってよ」と正直思ってしまいます。
Name

仕事終わりで疲れて帰ってきているのに、すぐに家事をするように言われさらに疲労感が増してしまいます。
急いでやる必要もない事なので、自分のタイミングでやろうと思っていても「まだやってないの?」と怒られ催促される毎日。
自分なりに家事も頑張っているつもりだし、妻も働いているのだから疲れているのはわかっているのだけれど、最終的には家事の押し付け合いになってしまうという結果になってしまっています。そうならないために、もう少し自分のペースでやらせてほしいなとすごく思ってしまいます。

Name

ちょっと手を出すと、そのやり方は違う!そこじゃない!と注意されると、何をどうしたらいいのかわからなくなってしまう。
そして、何もせずにいると、言わないとやってくれない!自分で考えてやってよ!と言われます。
じゃ、自分はどうすればいいの?と思ってしまう日々です。

 

確かに家事や育児は妻がメインなと事がほとんどになっているので、いざ家事分担を行ったとしても夫には細かく伝えてあげないとわからない部分が沢山あるでしょう。妻からすればいちいち言わないとダメなの?と思うでしょうが、家事分担をしようと決めたのであれば、コミュニケーションが大切になってくるのです。

家事分担に対する妻の本音

夫の襟元を掴んで詰め寄る妻

では、次に妻の本音を見てみましょう。

 

口コミ

(20代女性・女性)
家事分担と言って、実際に分けたのはいいけど7割が私の分担になっています。
大半の家事を私がこなしているのに、夫が家事の全体量を把握せず「自分は家事をやっている」と自己評価したり、自慢げに回りに話し「いい旦那さんですね」「イクメンパパだね」などと言われた時には、すごくイライラする!私は部屋を綺麗にしてほしくて掃除を頼んだのに、お風呂掃除を2時間もかけて掃除をしている夫。
「お風呂じゃなくて、部屋の掃除なんだけど!」とこだわりポイントが違いすぎてイライラしてしまいます。


(30代歳・女性)
夫はやってと言った事はやってくれるけど、そもそも自主的にやってくれるという事は少ない
家事分担をしたのに、やってと言わないとやってくれないなら、家事分担の意味があるの?
自分で気づいて考えてやってくれないし、やってくれるのかなと思ったら1から10まで言わないとわかってくれないし、そんなんだったら自分でやった方がまし!
こちらもわかりますね。そもそも、男女の脳の作りというものは真逆に作られているので、妻と同じようにやってくれる夫という方が少ないのではないでしょうか。

やってもらいたいのであれば、大変でしょうが、1から10まで伝えてあげて下さい。1度伝えただけで、大抵の夫はわかってくれるかと思いますので、次からは積極的にやってくれるようになるでしょう。

共働き夫婦の家事分担のコツ

家事分担表

では、具体的にどうすれば夫婦で納得する形で家事を分担できるのでしょうか?

家事分担のコツをご紹介します。

段取りをしっかりする

家事は「段取りが命」と言われており、お互いの協力し合って計画的に家事を行えば負担も軽く感られるので、そのために大事なのは、家事内容を把握すること

毎日どんな事をどれくらいやる必要があるのか、妻は把握しているので、夫に把握してもらう事から始めましょう。共働き夫婦にとって朝の5分はとても貴重になり、次の日の準備を前日にしておくだけで朝の家事が凄く楽になります。「この家事は私で、別の家事は夫」という風に、限られた時間で効率よくこなしていきましょう。

情報を共有する

共働きをしていると毎日が忙しく段取りよく家事をこなすには、夫との協力体制が大切になってきます。そこで、おすすめしたやり方が家事をピックアップしてリスト化すること。

作成した家事リストは玄関や冷蔵庫などいつでも見える場所に貼っておけばさらに効果的。

食事や洗濯は毎日欠かせない家事ですが、トイレ掃除や庭の手入れなど毎日しない家事もリストップしておきましょう。中には男性の手が必要な事もあるので、そのような家事は夫に任せ、夫が苦手な家事は妻が行うなど、お互いフォローし合って家事分担をしてください。

旦那をやる気にさせる

旦那が掃除をする

リストに従い夫婦で情報を共有し段取り良く家事を行う事は言葉にすれば簡単な感じがしますが、実際に行う事になれば大変な事で継続もしなくてはなりません

夫の家事分担を3日坊主で終わらせず、お互いが気持ちよく家事分担をするために忘れてはいけないのが「感謝の気持ち」です。夫が家事を行い失敗してしまったとしても、感謝の気持ちがあれば、怒るなど責め立てる気持ちは起こらないでしょう。

不器用なりに頑張ってくれている事に感謝して、夫のやり方には絶対に口に出さないこと

マンネリ化を防ぐためにゲーム感覚を取り入れてみて、家事分担したらリストにチェックを付けたり、シールを貼ったり、ポイント制にするなどし、より多く家事をこなした方にはご褒美を用意するなどすれば、お互い楽しく家事ができるのではないでしょうか。

家事の分担は大変だけど共働きを続けるメリット

現金と給料明細

共働きを選択するご家庭が増えている現在ですが、そもそもメリットって何があるのでしょうか?まずは、共働きのメリットについてご紹介します。

夫の経済的負担が軽くなる

今の時代は、夫だけの収入だけでは正直不安定な時もあり、妻が働いてくれる事によって世帯収入が大幅に減るという事はなくなります。

そうなれば、住宅ローンなど夫の精神的プレッシャーが少し軽くなり、今までは毎日毎日残業していたとしても、妻が働いてくれるようになってから一所懸命残業をする必要もなく、早く帰宅でき、家族との時間を楽しむ事ができるというメリットも。

夫の働く時間が少なくなった分、自宅で家事や子育てに協力してもらえる時間が増えるので妻としてもメリットになるでしょう。妻も頑張ってくれているのですから家事分担をしっかり行い夫も両立できるようになってください。

将来の子育て資金が増える

育児にはお金がかかる

将来の子育て資金を貯めるために共働きを選択するご家庭も沢山あって、子供を成人させるまでの数千万というお金がかかると言われており、そこに子供が2人や3人いれば、と考えると、自宅で専業主婦をしている時間が勿体ない。

共働きをする事で世帯収入が増え、貯蓄もしやすくなるので、子供とのレジャー費や習い事、塾などにそのお金をまわしてあげる事ができます。子供に我慢させる生活をするのであれば、共働きをし少しでも子供のためのお金を残してあげたいと思うのが親心。

充実感が得られる

共働きをしているのは生活費を稼ぐ事だけが目的という方ばかりではなく、夫が平均収入以上稼いでいて、貯蓄も十分あるのに働きに出ている妻は沢山います。

「たまに外で働いた方が生活にメリハリが出る」と充実感を味わうため。子供と2人っきりで毎日を過ごしていると、いくら子供が可愛くても息が詰まってしまうという感覚に襲われるので、子供を幼稚園や保育園に預けて少しの時間でも働きに出ると、気分転換になり気持ちもリフレッシュできるのです。

仕事と家事・育児の両立は大変な事を分かっていても共働きを選択するという事にはそんな理由もあるんですね。

まとめ

今回は共働きのメリットや、家事分担をした際の夫婦の本音、家事分担のコツをご紹介しました。

子育てをしながら共働きを選択したのであれば、家事分担はとても大事な事です。妻が全てを一人で負担してしまうと必ず限界がくるので、そこで夫が家事分担をし、協力をしてくれるだけで妻の負担はだいぶ和らぐでしょう。

今からでも遅くありません。家事分担の不公平をなくし、お互い感謝の気持ちを持ち、お互いが納得したうえで家事分担ができるように見直してみて下さい。