パソコンの前で頭を抱える男性

仕事で委縮してしまい失敗する人の対策!仕事ができない理由は?

仕事に悩む女性 仕事に悩む女性 仕事に悩む女性 仕事に悩む女性仕事ができないから萎縮して、また失敗してしまうという、負のスパイラルに陥ってしまっている人も多いのではないでしょうか。

何度も上司から怒られると萎縮してしまいますが、それが悪循環のきっかけになって仕事もうまくいかなくなってしまうものです。

ここでは、仕事で萎縮してしまう人がやるべき、失敗や心構え対する対策について紹介します。

仕事で委縮して仕事に失敗した時の対策

 

パソコンの前で頭を抱える男性

  • 仕事のプレーシャーで萎縮して失敗する
  • 上司の言葉を気にして仕事がうまくいかない
  • できる同僚を見ていると形見が狭くなり萎縮する

委縮すると本来の能力を発揮できなくなってしまうため、ミスをしやすくなってしまいます。

しかし一つのきっかけで委縮した心を改善することができのです

どのような方法を使えば委縮した心を解きほぐすことができるのか、さっそく解説していきましょう。

自分の能力を知る

あなたが失敗を繰り返してしまうのは、自分の能力を極端に過大評価しているか、過小評価しているかのどちらかが考えられます。

自分の能力を過大評価している場合、自分の能力よりさらに上のことができると思ってしまい、そうなると自分の能力以上の仕事を引き受けてしまうものです。

その結果、失敗してしまうことになります。

自分の能力を過小評価している場合、本来の自分の能力よりも低いことしかできないと思い込み、実際はもっと色々なことができるのに、萎縮してしまって、それが失敗に繋がってしまうのです。

仕事をする上で、自分の能力をきちんと知るということは重要なことですが、自分の能力を知るには、失敗を繰り返しながらも、色々なことにチャレンジすることが大事なので、まずは何にでもチャレンジして、自分の実際の能力がどれほどなのか確かめてみましょう。

自分の限界を知る

自分の能力がどれほどなのか見極められているとしても、自分の限界がどの程度なのか知らないと、上手くいく仕事も失敗してしまうものです。

どんなに優れた頭脳を持っていても、人には限界があり、限界を過ぎると人は普通ではいられなくなります。

頭が働かなくなったり、体が思うように動かなくなったりしてしまうのです。

ですから、自分の限界以内で働けるように、自分の限界を知り、無理をしないようにすれば失敗を減らすことができます。

できることから始める

考え事をする女性

仕事ができなくて、萎縮してまた失敗をしてしまう人というのは、それまで繰り返してきた失敗により、自信を失っています。

失敗を繰り返すと、自分は何もできない人間なんだと思い込み、それまでできていた仕事すらも失敗してしまうようになったり、仕事に対するやる気が起きなくなったりしてしまうものです。

そんな、無気力や失敗の悪循環から抜け出すには、まずは確実に自信を持ってできる簡単な仕事から始めてみるといいでしょう。

自分がこれだったら失敗なくできると思った仕事が実際に失敗なくできたら、何もできない人間ではなくなりますし、失敗しないで仕事ができたことで、自分に対する自信が蘇ってくるものです。

まずは簡単な仕事をやって、失ってしまった自信を取り戻しましょう。

分からない事は誰かに相談する

失敗を繰り返し、萎縮している人は、何でも自分だけで物事を抱え込む所があります。

  • 上司や同僚に迷惑をかけたくない
  • 上司や同僚に罵倒されるのが怖い
  • 分からない事を聞くのが恥ずかしい
  • 質問の仕方が分からない

などの理由から、失敗を繰り返しても疑問があっても誰かに相談することなく、1人で抱え込みまた失敗してしまうのです。

人は1人では何もできません。

ましてや、分からないことや疑問があるのに、1人で解決できると思うのは、間違っています。

分からないことや疑問があったら、あれこれ考えずに素直に上司や同僚に質問してみましょう。

  • 上司
  • 同僚
  • 部下

は仕事の上ではライバルですが、同じ仕事をしている"仲間"だということを忘れてはいけません。

そう考えれば、きっといいアドバイスをくれて、失敗することもなくなります。

失敗を恥だと思わない

  • 仕事ができないことや、失敗を恥ずかしいことだと思っていませんか。
  • 仕事ができなくて失敗を繰り返す人は、自分のことを無能だと思っていませんか。

無意識のうちに、そんな風に思っていると、他の人も自分自身も苦しめることになってしまいます。

仕事ができなかったり、失敗が多くても、恥ずかしいと思う必要はないですし、無能だと思う必要はありません。

人には向き不向きがありますし、仕事ができなかったことも、失敗してしまったことも、たまたまその時そうなってしまっただけということも多いです。

何事においても決めつけることは良くありません。

失敗を恥だと思わないで、たまには失敗することもあるんだと思っていれば、萎縮することも無くなりますし、失敗も怖くなくなるでしょう。

まとめ

誰でも、失敗することがありますし、失敗に対して恐れを持っています。

それは、失敗したときの周りの目が怖いからで、自分の評価が落ちたらどうしよう、見放されたらどうしようと考えて、失敗を恐れ萎縮するのです。

しかし、何度も失敗を繰り返したからといって、あなたが深刻に考えるほど周りは気にしていないもの。

ですから、「失敗を繰り返しても大丈夫」と楽に考えて、失敗を恐れず周りを頼って"あなたじゃないと出来ないこと"を見つけてくださいね。