共働き食費

共働き二人暮らしの食費平均額はどれくらい?節約方法もご紹介!

生活する上で絶対に欠かせないのは食費ですよね。

そのため、周囲の人たちはどれくらいの食費がかかっているのかなと気になりませんか?

まだ子供がいない夫婦二人だけの場合、共働きをしていれば、どうしてもかかってしまうのも食費なのですが、そんな生活をずっとしていて大丈夫なのでしょうか?また、将来子供ができ、共働きができない時期も数年あるでしょう。

そんな時に、今までと同じような生活をしていては、破産。

そこで、今回は二人暮らしの平均的な食費額と、共働き夫婦の食費・節約方法をご紹介します。

共働き二人暮らしの平均食費額

 

共働き食費

まずは、実際二人暮らしをしている夫婦の1か月の食費をご紹介。

平均金額は約4万円~5万円で、以下のような生活を送っておられます。

  • 都内在住
  • 共働きで週休2日
  • 休日の昼ご飯は自炊
  • 仕事の非の昼ご飯はコンビニや社食
  • 菓子や酒など嗜好品の購入費用も含む

食費は住んでいる場所や働き方、食べ物に対するこだわりなどで大きく変わってきますが、一般的に食費は家計収入の15%が目安とされており、理想は4万円台と言われています。

油断しないで欲しいのは、二人で働いているからといって外食を増やしたり、嗜好品にお金をかけたりしていると、莫大な食費がかかっている事がありますので、家計収入の15%が7万円や8万円だとしても理想金額の4万円に抑えることができれば、残りは貯金にまわせますよね。

先の事も考え、節約できる部分は意識して節約しておく必要があるでしょう。

夫婦で頑張る節約術

共働き 節約術

共働き二人暮らし夫婦はどうしても、食費にお金をかけてしまいがちですが、二人暮らしはいつまでも続くわけではありません。

そこで、節約術をご紹介しますが、節約術はどちらか片方が行っても意味がありませんので、夫婦二人で頑張って下さいね。

会社へはお弁当持参

これは共働きではなくても言える事なのですが、平日のランチは毎日外食だとどうしても食費が嵩んでしまいます。

節約するためには、まずここを変えていきましょう。

今まで外食やコンビニ食だったのをお弁当に変えていき、その際のお弁当の中身は前日の夕飯の残りや、冷凍食品何でも構いません。

外食やコンビニ食では500円~1000円かかっていた食費がお弁当にすると200円~300円にできるため、月に換算すると大きな差額になります。

外出の際はマイボトル持参

食べ物を節約できたなら、次は飲み物も節約です。

ランチの際の飲み物、お出かけの際にちょっと喉が渇いた時の飲み物を皆さんはどうしていますか?

手っ取り早く自動販売機やコンビニで買っている方がほとんどだと思いますが、たった100円程度ですが、自宅からマイボトルを持っていけば10円程度で抑えることができます。

今は、マイボトルを持っている方も沢山いますし、おしゃれなマイボトルも販売されていますので、是非活用してみて下さいね。

作り置きおかずを活用

毎日おかずを用意するのは頭の痛い部分ですよね。

だからと言って品数を減らしてしまうと、栄養面で心配になってくるので、そこで作り置きのおかすを時間のある日に大量に作っておき、毎日の食事の時に少しずつ出してみませんか?

作り置きおかずは品数を増やせるメリットのほか、お惣菜を買わなくて済む一度に食材を消費できる事から節約に繋がりますよ。

かさまし食材を使う

生鮮食品・精肉は基本的に価格が高いです。

野菜などは気候に大きく左右されますので、値段がびっくりするほど、高騰したりもします。

そんな時にお助けアイテムになるのがかさまし食材です。

野菜であれば、一年中価格が安定している野菜、例えばもやし豆苗、かいわれなどをメニューに取り入れましょう。

これらは、安いのでたっぷり使う事ができ、お腹一杯になりますし、生野菜が食べたいと思ってもレタスやキャベツなどは価格差が激しいですので、カットレタスカットキャベツなどを使う方が安い場合もあります。

買い物は計画的に

食費の節約で特に重要なのが、計画的に買い物をする事です。

食費のどの程度お金をかけるのか、最初に設定金額を決め、毎月目標を立てて行動するようにしましょう。

買い物の頻度・外食はどの程度かと先に考えて行動する事で、余計な出費を防ぐ事ができます。

買い物に行く前に今から使う金額を決めておき、予定外のものはできるだけ買わないようにしましょう。

スーパーによってはセールをやっている所も多いですが、節約するには要注意です。

安いと思って買い込んでしまうと、予想外の出費と使いきれなかった場合、廃棄する事になりますので、何のために節約しているかわからなくなってしまいます。

セール品を買いに行くのはいいのですが、そこでも計画的に買い物をするようにしましょうね。

まとめ

今回は共働き二人暮らしの食費平均額と節約術をご紹介しました。

何度もいいますが、共働きの二人暮らしだと外食や嗜好品などが増え、どうしても食費が嵩んでしまうので、共働き二人暮らしだから節約をしていく必要があるのです。

ストレスがかかってしまうような節約術はダメですが、ストレスがかからず自然にかつ意識しながら節約するよう夫婦二人で頑張ってくださいね。