おてこに手を当てて悩む男性

共働き夫婦に多い!ご飯を作ってくれない嫁の実際の理由と対処法

共働きだと奥さんが食事を担当することが多いと思いますが、実は「奥さんが全然ご飯を作ってくれない」と夫の不満がちらほら。

共働き夫婦あるあるなのかもしれませんが、何の理由もなく料理を作らない訳ではないのかもしれません。

そこで今回は奥さんがご飯を作らない理由と対処法をご紹介します。

ご飯を作らない奥さんについての夫の本音とは?

 

おてこに手を当てて悩む男性

まず、最初にご飯を作ってくれない嫁に夫はどのような本音を持っているのかご紹介します。

偏見やセクハラと思われるかもしれませんが、女性は料理が出来て当たり前と思っている男性が多いのではないでしょうか。

自分もそう思っているので家に帰ってご飯を作ってくれてないと正直がっかりしてしまいます。

それどころか仕事の疲れと料理しない妻の事で苛立ちが二重に倍増してしまうのです。

共働きをしているので、家事は分担制にすると話し合って決めていましたが、
自分は料理ができないし、料理は妻の分担と勝手に思い込んでいました。しかし、結果はご飯を作ってくれないという事に。料理をしない妻は残念です

最初は料理をしない妻を見て妻も疲れているのだから仕方ないかと思っていたのですが、冷静に考えると今の時代共働きをしていても料理や家事をこなす主婦はたくさんいます。

自分の妻が料理しないという事は私に対して愛情が薄いからなのかなと思ってしまいます。

このように、女性は料理をするのが当然、がっかりしたなど夫は思っているようですね。

しかし、嫁にはご飯を作らない理由はあるのです。

そこで次に嫁がご飯を作らない理由をご紹介します。

共働きの奥さんがご飯を作らない理由

嫁がご飯を作らない理由

では、嫁がご飯を作らない理由をご紹介します。

仕事の後に料理をする気力がない

共働きの奥さんが料理をしたくない最大の理由は「働いて疲れて帰った後に料理をする気力や体力が残っていない」という事です。

料理が好きな方は別として、仕事で身も心も消耗してしまっている時に家でまで作業する気になれないというのが本音。

身も心も疲れ切っていては男女問わず無理強いはできませんね。

自分だけ料理をするのは不公平

夫は「料理は妻の役割」と思い込んでいる事が多く、妻だけが料理を負担する家庭が多くなっていませんか?

正直その習慣の方が多いかと思います。

女性のほとんどが専業主婦で社会的にも男性上位だった時代ならともかく、女性もフルタイムで働く人が増えた男女平等の今の時代には、あてはまらない価値観なのかもしれません。

嫁の本音は「共働きなのに、どうして私だけが料理をしないといけないの?」と思っている嫁は多くいます。

不公平であるだけでなく、料理というのはただ、作るだけではなく、献立を考えて、買い物に行くという工程も含まれているわけですよね。

1日働いているのは夫も嫁も同じなのに、体力量は男性より女性の方が少ないので疲れやすいのは女性なのに、帰宅後に夫は何もせず嫁が作ってくれるご飯をただ待っているだけとなったら嫁の不満も溜まる一方なのは当然の理由なのではないでしょうか。

料理をするメリットが感じない

節約や夫の感謝というメリットを感じられないと料理をするモチベーションが下がってしまいます。

共働きの場合、世帯収入が多いので、食費にある程度お金をかけられる場合多く経済的余裕があるなら、無理してご飯を作りたくないという嫁が多いのも現状ではないでしょうか。

「疲れているけど夫のために頑張って作ろう」と思っていても思いのほか夫の反応が鈍いと意欲を無くしてしまうという事もあります。

嫁が頑張って台所に立っていても「当たり前」と夫が思っていては、作ってくれなくても仕方ないかもしれませんね。

そのような事がないように日ごろから感謝の気持ちは忘れないようにしましょう。

奥さんがご飯を作ってくれるようになる対処法

嫁にご飯を作ってもらう対処法

では、どのようにすれば嫁はご飯を作ってくれるようになるのでしょうか?

対処法をご紹介します。

段階を踏んでトライする

日頃ご飯を作らない嫁に、難易度の高い料理を求めるのはやめましょう。

最初は簡単な料理でいいので、そこから初めてみるのはどうですか?

そのためにも、夫は「簡単なものから初めてみよう」と言葉をかけてあげて「君が作ってくれるなら何でもいいよ」と言ってあげるのもいいですね。

そして、作ってくれたものには感謝をしながら食べるという事が大切です。

それを習慣にすると嫁も「もっと難しい料理を頑張ってみようかな」とやる気を出してくれるかもしれません。

夫婦で一緒に料理を作る

先ほど嫁が料理をしない理由として不公平と感じているとご紹介しましたが、そのように感じているのあれば、旦那さんも一緒に料理をするのもいいでしょう。

確かに共働きなのですから、嫁が料理をすると決めつけてしまうのはよくないですし、どうしても家庭料理を食べたいのであれば、一緒に作るようにしてください。

そうする事で、一人に負担がかかる訳ではなくなるので、嫁も重い腰を上げてくれるようになりますし、一緒に料理をする事で夫婦仲がよくなるというメリットもあります。

おかずの品数を減らす

理想的な献立は一汁三菜と言われていますが、毎回そうする必要はありませんよね。

お互い忙しく働いているのですから、1品作ってもらって、後は作り置きの総菜を付ける、味噌汁はインスタントを使うなど必ずしも沢山品数を作らないといけないという事はないのです。

今の作り置きの総菜もバランスが考えられているものが豊富にありますので、作るより逆にそっちの方が栄養バランスが整っているかもしれませんよ。

ですので、嫁には「メインの1品だけでいいから」と伝えてみましょう。

そうすると「1品だけなら」と言ってくれて、そこから時間をかけて旦那さんも一緒になって家事をすることをお染さんにも変化が現れるかもしれませんよ。

まとめ

今回は共働き夫婦に多い嫁がご飯を作ってくれない理由とその対処法をご紹介しました。

実際に私も働いていますが、帰ってきてご飯を作るという気になれない日が正直多いです。

作ってくれない嫁の大半は料理をするのが嫌なのではなく、それまでの過程が面倒と思っている人がおおく、その過程を少し夫がサポートしてくれるだけで、作ってくれるようになったという話も聞きます。

結論を言いますと、「作ってくれない」ではなく、「一緒に行う」というのがいいのかもしれませんね。