医療費控除

共働きの【医療費控除】どうしてる?得する簡単管理術をご紹介!

医療費控除は、年間の医療費を計算しないといけないですよね。

しかし、共働きをされている夫婦は忙しく、家計簿をつける時間もないし、領収書の管理もままならないのではないでしょうか?

そこで今回は、共働きの医療費控除を行う際に、得する簡単管理術をご紹介します。

医療費控除の基本知識

医療費控除

 

  • そもそも、医療費控除って?
  • どんな医療費が控除を受ける事ができるの?

と詳しくわからない方も多いかと思いますので、まずは医療費控除の基本知識をご紹介します。

医療費控除のしくみ

医療費控除とは、一定額以上の医療費を年間で支払った場合に、収めた税金の一部が戻ってくるというものです。

会社員であれば、年末に年末調整を行うかと思いますが、医療費控除を受けようと思うのであれば、年末調整ではなく確定申告をしなければなりません。

医療費控除は、支払った医療費がそのまま戻ってくると勘違いしている方も多いようですが、支払った医療費に応じて税金を計算し見直すというものになりますので、支払った医療費がそのまま戻ってくるわけではなりません。

会社員の場合は、医療費控除によって給与かた天引きされた所得税の還付が受けられます。

医療費控除の対象になる金額

医療費控除の対象になる金額は、支払った医療費から保険金などで補填された額10万円を差し引いた額となり、総所得が200万円以下の人の場合には、10万円の代わりに総所得の5%を差し引いた額となっており、保険金が補填される額として差し引くのは、生命保険の入院給付金・健康保険で支払われる高額医療費・出産一時金などになっています。

医療費控除は、確定申告をする年の1月1日から12月31日までに支払った医療費が対象になるのですが、1人単位で申請するのではなく、生計を同一にする家族の分もまとめて申請が可能です。

所得税は累進課税ですので、家族の中で一番所得が多い人がまとめて医療費控除を申告すると、税負担を減らせる額が大きくなるのでお得でしょう。

医療費控除の対象となるものとならないもの

医療費の対象になるものは、治療を目的とした医療行為を支払った費用になります。

  • 病院での診療費、治療費、入院費
  • 医師の処方箋をもとに購入した医薬品の費用
  • 治療に必要な装具
  • 通院に必要な交通費
  • 歯の治療費
  • 子供の歯列矯正費用
  • 治療のためのリハビリ・マッサージ費用
  • 介護保険の対象となる介護費用

などがあげられます。

医療費控除の対象にならないのは、病気の予防を目的として医療費になります。

  • 健康診断の費用
  • 予防注射の費用
  • 美容整形の費用
  • 漢方薬やビタミン剤
  • マイカー通院のガソリン代や駐車代
  • 里帰り出産のための実家への帰省費用
  • 自分の都合で利用した差額ベット代

などがあげられています。

得する簡単管理術

医療費控除 簡単管理

では、共働きで医療費控除を申告する際に、得する簡単管理術をご紹介します。

会社員であれば申告は1月1日からできる

医療費控除は「医療費が多くかかった人は、その分出費がかかって大変だっただろうから、税金も減らしてあげましょう」という趣旨で作られた制度です。

一般的に確定申告は2月16日~3月15日というイメージですが、還付申告=払いすぎた税金を返してもらうための申告は、1月1日から受け付けてもらう事ができます。

忙しくてギリギリになってしまうのであれば、早め早めに準備を始めてみるのもいいかもしれませんね。

夫婦のうち給料の高い方で医療費控除を行う

先ほどもご紹介しましたが、一般的に収入が多くなると所得税率も高くなるため、同じ医療費控除を受けるなら、給料の高い人が受けた方が、還付される税額も多くなります。

こちらも先ほどご紹介しましたが、医療費控除は医療費の総額が10万円以上となっていますが、10万円未満でも医療費控除が受けられるケースがありますので、すぐに領収書を捨てるのは待ってください。

医療費控除は給料が高い人が確定申告をするとお得なのですが、そうとは限らない事も実はあるのです。

例えば、

  • 2人分の1年間の医療費が9万円
  • 妻がその年の所得金額の合計額が150万円

この場合、上で上げた医療費控除の対象となる金額の計算式は
【実際に支払った医療費の合計額ー(ア)の金額ー(イ)の金額】
となり、(イ)は10万円ではなく、150万円×5%=7万5,000となりますので、妻が医療費控除の申請をすることで、税金の還付を受ける事ができるのです。

医療費の領収書・レシートの管理法

1年分の2人分の領収書やレシートを管理するとなったら、中々大変な作業ですよね。

  1. そこで、簡単に管理する方法がありますのでご紹介します。ずエクセルで日付・かかった診療機関・治療費・往復交通費・どちらが利用したかがわかるような表を作ります。
  2. 治療費と交通費の合計欄も一番下の行に作成しておき、入力する際に行を挿入していくだけです。

このファイルを2人で共有できるようにしておき、お互いが各自で入力するようにしましょう。

平成29年度より領収書の添付は必要なくなったので、確定申告の際は完成した表と申請書を提出するだけで完了になります。

医療費控除は何と言っても、医療費の計算が一番手間がかかるので、その手間を省くだけで、確定申告が億劫なものではなくなるのではないでしょうか。

まとめ

今回は共働きの医療費控除を申告する際のお得で簡単な管理術をご紹介しました。

医療費をそんなに使用しない人はいいのですが、年間での申告になりますので、少ないといっても結構な量の領収書がたまっているものです。

いざ、申告の時期になった時に、簡単にできれば忙しい毎日でも負担になる事は少ないでしょう。

お得に医療費を申告できる方法をご紹介していますので、是非参考にして頂き、楽に申告を終えるようにしましょう。