ワンオペ育児が辛い

共働き妻のワンオペ育児がつらいと感じる理由と脱出する方法とは?

ワンオペ育児は共働きをしている妻だけではなく、専業主婦でも直面する事があります。

しかし、共働きでワンオペ育児をしている妻の方が、専業主婦よりもより負担がかかってしまいますよね。

そこで、今回はワンオペ育児が辛いと感じる理由と辛いワンオペ育児から脱出する方法をご紹介します。

ワンオペ育児って何?

ワンオペ育児

まずワンオペ育児というのは何かという事をご紹介します。

「ワンオペ」とは、「ワンオペレーション」の略で、飲食店などの店舗を一人でまわしている状態のことで、この言葉は、インターネットを中心に広まり、ニュースなどでも取り上げられるようになり、「ワンオペ育児」という言葉は、そこから派生して生まれたものです。

そして「ワンオペ育児」とは、夫がいるのに、妻だけが全ての育児や家事を行う状態の事を言います。

ワンオペ育児が辛いと感じる理由

 

ワンオペ育児が辛い

では、次にワンオペ育児が辛いと感じる理由をご紹介します。

一人でこなさないといけない事が多すぎる

まずは、やることが多すぎて時間が足りなくなるという事です。

多くの場合は朝から早起きをして、朝食やお弁当を作り、子供を保育園に送ってから自分の出社、帰宅後も家事や育児など、やる事が山ほどありますよね。

自分の自由な時間など全くないに等しく、ゆっくりトイレにも入れないという事もあるでしょう。

そんな事が毎日毎日続くので、肉体的・精神的に辛くなってしまうのが現実です。

昔に比べ、今は周囲に頼れる人が少ない事も辛い点の一つになっており、代わりにやってくれる人や預ける人がいなければ、体調が悪くても一人でするしかないのです。

土日も休めなくて辛い

共働きのワンオペ妻が辛い瞬間が、土日でも休む時間がないという事です。

夫は、リラックスして過ごしていても、妻は休みでも家事や育児に忙しく動き回らないといけません。

土日は保育園や幼稚園が休みのところも多いので、1日中子供と一緒というだけで辛いと感じてしまいますよね。

子供が家にいる時こそ、人手が欲しいのに、夫は単身赴任でいない、仕事が忙しいという理由などで、結局ワンオペ育児をしなければなりませんので、子供が小さい時ほど、ストレスが溜まりやすくなってしまうのかもしれません。

周囲の理解や協力を得ることができない

働き方への考え方は、柔軟に変わりつつあるのですが、まだまだ子育て世帯への認識は変わらず、周囲の理解も得づらいものですよね。

会社の上司や同僚に理解や協力を得ようと思っても、言い出しにくいという場面が多く見られ、みんなはフルタイムで働いているのに、自分だけ時短勤務を申し出るという事も言いにくいですし、子供の体調が悪くて休みたい時も上司や同僚の反応が気になってしまいます。

現代でも「男性は仕事・女性は家事」という古い考えが根強く残っているのも現状なので、どうしても子供が生まれる前のような働き方は難しくなってしまうのが現状でしょう。

そして、「そんな忙しいであれば、共働きをしなければいい。共働きを選んだのは自分でしょ」と自己責任と思われがちで、男性でも育児休暇を取れる法律はあっても「妻に休ませればいい」と言われるケースが多いのです。

夫が協力してくれない

ワンオペ育児で一番辛いと言われるのは、夫が協力してくれない事です。

先ほどもご紹介しましたが、「夫は仕事・妻は家事」と思い込んでいる男性もまだまだ沢山いるので、働いているのは一緒なのに「俺は遅くまで仕事していて疲れているんだ」なんて言われたらストレスが溜まる一方ですよね。

このように家事や育児に対し軽く見ている夫は、仕事の方が大変だと思っているタイプで、反対に妻の事を「仕事を早く終わって家でゆっくりできていいな」と言われてしまう事もあります。

このタイプの夫は「たまには休みたい」と訴えても、「休めばいいじゃない」と他人事のような返答が返ってくるでしょう。

絶対に「じゃ、自分がやってあげる」という事は言わず、溜まった分の家事や育児はどうするのかまで考えていません。

ワンオペ育児から脱出する方法

ワンオペ育児 脱出

働きながらいつまでもワンオペ育児をしていると体力的にも精神的にも負担がかかり過ぎてしまうのが現状。

そこで、ここではワンオペ育児から脱出する方法をご紹介します。

仕事の勤務体制を変える

子供が出来たら仕事を辞めて家事や育児に専念できるのが一番いいのですが、家庭の事情はそれぞれで仕事を辞めることができないという妻も多いですよね。

そのような場合は、仕事の勤務体制を変えるという方法があります。

時短勤務がおすすめですが、場合によっては一時的にパートやアルバイトとして働くのも1つの方法で、今働いている会社にそのまま勤務したい場合は、上司に相談してみましょう。

家事が外注する

冷蔵庫を拭くエプロン姿の女性

子供が幼いと育児にかかりっきりになってしまい、家事を十分に行えない場合がありますが、そんな時は、無理して家事をする必要はありません。

全て完璧にしなければないないと思えば思うほど、自分を追い詰めてしまうため、自分で手が回らないなと思った時は、家事を外注するのがいいでしょう。

少しくらい家事をさぼっても誰にも迷惑をかける事はないので、育児と仕事を最優先に考え、家事をさぼってみるのも1つの方法です。

子供を預けて自分の時間を確保する

休日までも育児や家事に追われ、夫が協力的でないのであれば、外部の保育サービスを利用してみましょう。

子供を預け遊びに行く事に罪悪感を感じてしまうママは多いですが、罪悪感を抱く事はありません。

上手に息抜きする方法を考えないとストレスがたまって、子供にも悪影響を及ぼす事になるのです。

今は時間単位で預かってくれるところもありますので、買い物をしている間や映画を見ている間、マッサージをている間など短時間だけ利用するのもいいでしょう。

家事分担について夫とよく話し合う

笑顔で話し合う夫婦

結婚後も共働きをするのならば、一番大切な部分になるのではないでしょうか。

夫婦というものは協力合いあうもので、家事や育児を女性がしないといけないという義務や法律はありません。

妻も仕事をしている以上、1人で家事や育児をするのは限界があるので、夫にもしっかり家事や育児の協力を求め分担するべきなのです。

1日に行う家事をリストに上げ、お互いに割り振っていきましょう。

また、今は家事をリスト化・タスク付けで管理できるアプリもあるのでインストールしておくと楽です。

共感してくれる相手を見つける

気軽に相談できる相手を見つけるのも、ワンオペ育児には必要なのですが、その際には、共感してくれる人である事がいいでしょう。

同じ悩みを持つ人がいるだけで、孤独感を埋める事ができますし、育児が楽になる方法などアドバイスをもらえる事もあります。

今は、ネットで気軽に相談できるアプリやサイトもありますので、一人で悩む前に活用してみましょう。

まとめ

今回はワンオペ育児が辛いと感じる理由とワンオペ育児を脱出する方法をご紹介しました。

今の時代は昔に比べ男性も家事や育児をする人が多くなってはいるのですが、それでもワンオペ育児をしている家庭の少なくありません。

ワンオペ育児に悩んでいる方は、今回ご紹介した事を是非参考にして頂き、少しでも自分が楽になるようなやり方を見つけてみてくださいね。