timeと書かれた時間い切迫する様子

共働きママ必見!育児短時間勤務の利点と欠点で対象期間は?給与は?

共働きをしているママは、毎日家事に育児に仕事にと目が回るくらい忙しい毎日を過ごしています。フルタイムで働いているとさらに時間に余裕がないのではないでしょうか。

そこで、育児短時間勤務を活用してみませんか?聞いた事はあるけど実際どんな制度なのかわからない方も多いかと思いますので、今回は育児短時間勤務について詳しくご紹介していきます。

育児短時間勤務って何?

timeと書かれた時間い切迫する様子

まずは、育児短時間勤務ってどんな制度でどんな内容なのかをご紹介していきましょう。

育児短時間勤務とは、所定労働時間を原則6時間とする制度で、3歳までの子を養育する労働者が、1日の所定労働時間を原則6時間とする事ができ、2009年育児・介護休業法の改正により、企業に導入が義務づけられました。
仕事と子育てを両立していく中で、育児中の女性労働者が抱く体力面への不安を緩和するために整備された制度になっていますが、誰でのが取得できるものではありませんので、取得できる方の条件をご紹介します。

  • 3歳に満たない子を養育する労働者であること
  • 1日の所定労働時間が6時間以下でないこと
  • 日々雇用される労働者でないこと
  • 短時間勤務制度が適用される期間に現に育児休業を取得していないこと
  • 労使協定により適用除外とされた労働者でないこと

となっています。また最後の条件である「労使協定により適用除外とされた労働者でないこと」について、以下の従業員は労使協定で定められた場合に限り、短時間勤務制度の対象外となってしまいます。

  • 事業主に引き続き雇用された期間が1年に満たない労働者
  • 1週間の所定労働日数が2日以下の労働者
  • 業務の性質または業務の実施体制に照らして、短時間勤務制度を講ずる事が困難と認められる業務に従事する労働者

ただ、管理監督者いわゆる管理職については、そもそも労働時間に関する規定が適用除外であるので、対象外に。

しかし、あくまでも概念的な話になりますので、実態として育児をしている管理職の労働時間を短くする仕組みを導入する事も推奨されています。

勤務時間や残業の制限は?

原則6時間とする措置は各企業必須のものとなりますが、5時間や7時間など本人の育児状況に応じて柔軟に労働時間を決める制度も併用できますが、併用する場合でも本人が6時間を希望した場合は6時間としなければいけません。

残業については規制されているものではなく、子育ての時間を確保するこの制度の趣旨からすると、望ましい事ではないですね。

対象期間は?

育児短時間勤務が適用できる対象期間は、原則子供が3歳に達するまでとなっていますが、6歳になった日以降の最初の3月31日まで対象とする事が努力義務とされています。

育児短時間勤務中の給与は賞与は?

育児短時間勤務中は、短縮している労働時間に応じて給与は減給となり、賞与に労働時間や給与が考慮されている企業においては賞与も減額となってしまいますが、労働時間の短縮分を超えて減額する事は禁止されています。

[getpost id="638"]

育児短時間勤務のメリット・デメリット

ノートと電卓

ここでは、育児短時間勤務のメリット・デメリットをご紹介します。

育児短時間勤務のメリット

まずは育児短時間勤務のメリットから。

育児とキャリアを両立できる

育児をきっかけに退職をしてしまうと、職歴に空白期間が生まれてしまいますが、職歴の空白期間が長いと、次の就職活動で不利になりがちです。

育児が落ち着いた後の職場復帰を目指している場合、育児明けに時短勤務で復帰した方がこれまでのキャリアと仕事間隔を失いません。

時短でも収入源になる

育児をしていると、オムツや服など何かとお金が必要になりますし、子供の将来を見据えて教育資金の貯金も始めなければなりません。

今まで共働きをしていた家庭でママが完全に仕事を退職してしまうと、パパの稼ぎだけで月々の生活費と育児の費用を払う事になり、経済状況が厳しくなってしまうので、時短勤務で働く事で家計をサポートするには大切な収入源を確保できるでしょう。

子供と過ごす時間が増える

笑う赤ちゃん

時短勤務では、フルタイム勤務に比べて1時間~1時間半早く仕事が終わり、子供と一緒にいる時間を作る事ができます。

家事をしながら夕食を子供と一緒に食べ、子供の成長を間近で見守る時間があるでしょう。

自身の精神的余裕が生まれる

仕事復帰したママを最も悩ませる時間は「帰宅後から子供を寝かしつけるまで」だと言われており、仕事で疲れた後に、グズグズしている子供にご飯を食べさせ、その後一緒にお風呂に入る流れは、もはや第二の仕事と言えるでしょう。

時短勤務を活用して1時間でも早く家に帰る事ができれば、子供を早く寝かしつけられ、自分の時間を確保する事ができるので、精神的なゆとりに繋がります。

仕事終わりの時間が確保できる

保育園に通い始めると、子供は驚くほど体調を崩しますが、時短勤務をしていれば、体調を崩した子供を仕事終わりに病院に連れていく事ができます。また、子供の病気によって頻繁に会社を休まなければならない場面も多く、そんな時もフルタイム勤務に比べて時短勤務の方が帰りやすい雰囲気になるでしょう。

さらに、育児と仕事の両立で時間がないママにとって、保育園帰りにスーパーに行ける事も大きなメリットとなり、子供と一緒に買い物をする経験も楽しいのではないでしょうか。

育児短時間勤務のデメリット

謝を抱えて悩む女性

育児短時間勤務は良いことばかりではありません。

ここでは具体的なデメリットをご紹介します。

給料がダウンしてしまう

時短勤務にすると就業規則で定められた勤務時間よりも、働く時間が短いため給料も賞与もダウンしてしまいます。時短勤務の給料は、多くの会社で以下の2ステップで計算する事ができ、

  1. これまでの基本給を時給換算する
  2. 1で計算した時給×勤務時間

給料が減った場合、将来受け取れる年金も下がってしまいますが、時短勤務制度中でには「養育期間の従前標準報酬月額のみなし措置」の手続きをする事で、産前と同じ種準の年金額を確保する事も可能に。

仕事量があまり変化しない可能性もある

時短勤務によって「会社にいる時間」は減りますが「仕事量」はほとんど変わらない場合があります。「時間内にできる分の仕事だけでいいよ」と言ってくれる上司もいますが、周りより早く帰っている手前、頼まれた仕事を「できません」と言いづらいようです。

時短勤務で16時に退社予定にも関わらず、結局残業して定時退社という会社もあります。

キャリアアップで不利になる可能性がある

時短勤務にした場合、同僚に比べて働いている時間は少なく、結果的に大きな業績をあげにくくなってしまいますので、今までキャリアを積み重ねたきたママにとっては、時短勤務の選択は慎重にしなければなりません。

しかし、一時的に出世ができなかったとしても、長い目で見ればキャリアに影響を与えていないママも多くいますので、自身の会社で、時短勤務を経験した先輩ママのキャリアを調べて見るといいでしょう。

ワンオペ育児になる可能性も

時短勤務をすると、パパに「仕事が早く終わるんだから時間あるよね」と思われ、ワンオペ育児になりがちです。育休明けで、体調が完全に回復した訳ではないのにも関わらず、子育ても家事も全て一人で行わなければならないのは厳しいでしょう。

時短勤務はプライベートの時間を確保できると言われていますが、専業主婦ではありませんので、せっかくの時短勤務を有効活用するためにも、家族の理解が不可欠となります。

時短勤務を開始する前に共働き家庭である事を前提に、パパと役割分担を決めておくと良いでしょう。

職場の人間関係で苦労する事がある

これは、今働いている会社次第になるのですが、職場の人間関係で悩んでいる方は知っておいた方がいいでしょう。

今まで時短勤務の制度利用者がいなかった会社だと「時短社員は迷惑」という雰囲気がある職場もあるので、時短勤務に対する理解がない会社だと肩身の狭い思いをしてしまうかもしれません。

まとめ

今回は育児短時間勤務についてご紹介しましたg、今までフルタイムで働いて方でも育児をきっかけに退職するか時短勤務にするか迷うでしょう。

仕事復帰を考えているママの方が多いかと思うので悩んでいる時は時短勤務を選ぶと仕事復帰をする際に、再度求人活動をする事もなく、給料も少し入るので家系の足しになるのではないでしょうか。

しかし、時短勤務でも働いているのは違いないので、パパとしっかり話し合いをし、家事や育児を分担する事が大切です。