絵本を見る子供

共働きのママに強い味方!育児休業給付金の支給日はいつになるの?

育児休業給付金は通称「育休手当」と言われ、子育てを頑張るママに強い味方となりますが、子供ができた後も仕事を続けたいという方が、子供が1歳になるまで育児に専念できるよう、雇用保険から給付を支払う制度となっています。

そんな便利な制度ですが、給付金はいつ手元に入るのか?期間は延長できるのか?などわからない部分は沢山あるでしょう。

そんな方のために、今回は育休手当について詳しくご紹介していきます。

育児休業給付金とは?

 

絵本を見る子供

先ほど簡単に育児休業給付金についてご紹介しましたが、さらに詳しくご紹介しておきましょう。

育児休業給付金は、満1歳未満の子供を養育している産休中の人に支払われるお金で、雇用保険から支給されるので、雇用保険に入っている人しか対象になりません。

休業開始前の2年間に、雇用保険の被保険者期間が12か月以上ある事が条件で、支給額の計算方法は、育休開始から180日は月給の67%、その後は月給の50%が支給されます。

育休手当は原則として子供が1歳になるまでの支給になりますが、やむを得ない事情がある場合には延長手続きを申請し、最長子供が2歳になるまで延長できるのが特徴。

育児休業給付金の申請方法は?

電卓とお金

では、育児休業給付金の申請方法をご紹介していきましょう。

申請書の書き方

申請は原則、勤務先の担当者が行いますが、受給者本人が申請する事も可能です。
しかし、賃金台帳など本人が準備するのが難しい書類も提出しなければならないので、勤務先の協力が不可欠になるでしょう。

申請書の書き方は、初回と2回目以降でそれぞれ異なり、初回の申請に必要な書類は次の通りになっています。

  • 雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書
  • 育児休業給付受給資格確認票
  • 育児休業給付金支給申請書
  • 賃金台帳、労働者名簿、出勤簿又はタイムカードなど賃金の額及び賃金の支払い状況を証明できる書類
  • 母子手帳など育児を行っている事実を確認できる書類

となっており、2回目以降の申請では、初回申請時にハローワークから交付される育児休業給付支給申請書を賃金の額や賃金の支払い状況を証明できる書類が必要になります。

申請期限

初回申請の期限は、育休開始日から起算して4か月後の月末となり、例えば4月20日から育休が始まった場合、8月30日まで申請できるという事になります。

なお、育休開始日は、男女で異なっており、男性の場合は子供が生まれた日から育休となりますが、女性の場合は、子供が生まれてから8週間は産休となりますので、産休期間は育休に含まれません。

育児休業給付金の支給日は?

お金の計算

出産すればすぐに育児休業給付金が支給されると思われがちですが、実際はそうではないので、ここでは、育児休業給付金の支給日をご紹介します。

育児休業給付金の初回支給日

先ほどもご紹介しましたが、出産日の翌日から8週間は、産後休業期間ですので育児休業給付金の支給対象とはなりませんので、実際の対象期間となるのは、産後2か月からとなります。

2か月分をまとめて支給するので、初回の支給日は出産から4か月以降になりますが、勤務先の申請手続きが遅れると支給日も遅れてしまい、そうなると初回の支給日が育児休業開始から3か月以降になることも。

2回目以降の支払いは、2か月ごとにまとめて申請を行う事で受けられ、申請しなければ育児休業給付金を受け取る事ができませんので、忘れないようにしましょう。

支給日は支払い決定後1週間

今、ご紹介したペースで育児休業給付金が支払われるのですが、具体的な支給日はいつのなるのでしょうか?

ハローワークによると、育児休業給付金は支給決定後約1週間で、希望する金融機関の口座に支給されるとのこと。
毎月15日など日にちが決まっているわけではないので、正確な支給日を知りたい方は勤務先や管轄のハローワークに問い合わせてみて下さい。

育児休業を延長できる条件

母子手帳とお金

先ほど育児休業は最長子供が2歳になるまで延長できるとご紹介しましたが、ここではより詳しく育児休業の延長についてご紹介します。

育児休業給付金は、子供が1歳の誕生日を迎える前日までであれば、特別な手続きはなく受け取る事ができるのですが、最大2歳まで延長する場合には、必要書類の提出が必要です。

また、全ての人が延長できるわけではなく、認可保育所に入所できない場合に限り延長が認められ、無認可保育所は延長条件の対象外になってしまうため注意が必要。

延長を申し込むための条件は以下の通り、

  • 1歳の誕生日に保育所に入所する申し込みを行っている
  • 1歳を超えて育児休業給付金が延長されている場合は、1歳6か月になるまでに保育園に入所する申し込みを行っている。

となっています。

つまり、最大2歳といっても、初めから2歳までの延長申請ができるわけではなく、1歳6か月段階で手続きが必要になりますが、その時期に保育所の入所申し込みを行っていない場合や、復職の意思がない場合は、育児休業給付金の延長は認められません。

また、1歳6か月より前に保育園に入所できた場合は、入所した日から育児休業給付金の申請はストップします。

まとめ

今回は育児休業給付金についてご紹介しました。

育児休業給付金は共働きをしているママにとっても強い味方で、復職するまで安心して子育てに専念できる制度になっていますので、雇用保険に入っており、復職する事が決まっている方は是非申請しましょう。